最新買取実績 | アメ吉の最新買取実績をご紹介いたします。

古着買取のアメ吉

モンクレール エベレスト ダウンジャケットの査定

2010.01.17.400.jpg

本日はモンクレールのエベレストの査定についてお話しさせて頂きます。

ダウンジャケットは数多くのアウトドアブランドより販売されておりますが

モンクレールは、近年圧倒的な人気、認知度を誇っております。

また、芸能人や著名人も着用しメディアへの露出も多いので人気により一層拍車がかかっている現状です。

高額にも関わらず、その圧倒的な人気により品切れが続出するので

別名、プレミアムダウンジャケットとも言われております。


現在でこそ、ある程度落ち着きましたが、2008年~2009年頃が品切れ続出のピークだったのではないでしょうか?

モンクレールは近年創立されたブランドと想像されている方が多いですが
実は60年近く前に創立された老舗中の老舗ダウンジャケットメーカーです。

日本では知名度が低かったモンクレールを一躍有名にし
火をつけたのが『キムタク』です。
2005年のCMで・・・。
パープルのエベレスト(シャイニー)を着用しておりました。

確かAPEもそうでしたね。

キムタクがオロナミンCのCMでバスに揺られながら
スノボジャケットを着用したことによりAPEも一気に人気が爆発しました。

私見ですが、キムタクの着用に伴い人気が爆発したのは間違いございませんが
その人気が維持できているというのは、見合ったクオリティが存在するからです。
いくら芸能人が着用し爆発的人気が出たとしても
消費者はそんなに馬鹿ではございません。

さて、そのCMでキムタクが着用したのは今回のエベレストで、色違いのシャイニーパープルになります。

上記の商品が2005~6年頃、ヤフーオークションで30万円近くで落札されたのを目の当たりにした時は正直ビックリしました。

日本人の特性が顕著に出ておりますね(笑)。

今回の商品はシャイニーブラックと言われているカラーです。

2005年モデルのシャイニーパープル程の希少性はございませんが、落ち着いた色から非常に人気がございます。

また、シャイニーネイビーも大変人気がございます。

ブルーは少し人気が落ちますね。

EVERESTはモンクレールの中でも、抜群の人気を誇ります。

特にシャイニー素材(光沢有り素材)は完売必至です。

恐らく毎年完売していると思います。

マット素材(艶消し)よりシャイニー素材の方が人気が高いです(マット素材自体少ないのですが・・・)。
シャイニー素材が人気なのは高級感を演出できるからでしょうね。

モンクレーの定番モデルであるベニス(VENISE)をスポーティにモディファイさせたのがエベレストです。

ちなみに、カラコルム(KARAKORUM)をタイトにしたのがK2です。
アウトドア系のブランドの商品は山や海峡より命名される事が多いですね。

近年はスタイリッシュでタイトなモデルが人気です。

最近では防寒性を重視しダウン100%にしてしまうより
フェザーを多めに混ぜることにより、よりスタイリッシュなシルエットに仕上がっております。

従って最近ではダウンを100%使用しているダウンジャケットは少ないと思われます。
ダウン90%フェザー10%とかが多いです。
ダウンを100%にするとタウンユースに向かないですね。

巷では、昔のモンクレールはダウンがパンパンに詰まっており
現在と比べ物にならない位に物が良い・・・
という都市伝説な事を謳い商品自体に希少価値を付け
オークション等で高値で売却しようと考えている出品者をたまに見かけますが、それは間違いです。
まだ流行っていなかった頃に既に所有していた・・・という自己顕示欲も加味されているのでしょう。
『隣の家の芝は青い』の逆の発想ですね。

私見ですが、モンクレールは年々クオリティが上がってきている気がします。
縫製や生地は他のダウンジャケットのメーカーに比べ群を抜いているでしょう。
ただ単に、防寒目的でダウンジャケットを選ぶならカナダグースがお勧めです。
温かすぎて汗が出てきます・・・(笑)。
但し、品質は抜群に良いです。

モンクレールのエベレストの特徴は左腕の肩付近にある大きなワッペンです。

従って、光沢のあるナイロン素材(シャイニー素材)にモンクレールの大きなロゴワッペンが付いていたら、まず間違いなくエベレストでしょう。

但し、現行モデルのエバー(ever)はワッペンが小さくなっており、旧モデルのデカロゴワッペンの方が人気がございます(ヤフーオークションなどでも現行モデルより高く売却されております)。

また、その希少価値を謳って出品しているユーザーも多数存在します。

また、皆様も周知の事実ですが、ここ数年偽物が多く出回っておりますので購入の際はくれぐれもご注意下さい。

100%本物を購入したい方は、モンクレールジャパンの公式サイトより取扱店舗が参照できますのでご確認ください。

正規取扱店の有名どころでいうと

ビームス
シップス
ユナイテッドアローズ
バーニーズニューヨークです。
上記のお店で購入すると100%間違いなく本物です。

国内正規品(スプレンダーズ&カンパニーやモンクレールジャパン等)の証明書が付いてくるお店での購入を強くお勧め致します。

並行輸入品の購入の際にはくれぐれもご注意ください。

ちなみに当店では並行輸入品の買取は行っておりません。

理由は、販売する時にお客様にご満足頂けない事が多いからです。

勿論、並行輸入品でも本物はございます。

今回のエベレストのような人気のある商品に対して模倣品が出回る確率が高くなります。

不安を抱きながら着用するのは誰でも嫌ですよね(笑)。

模倣品が数多く出回っているという事はそれ程、人気があるという証でもあります。

当店ではモンクレールのエベレストの買取には力を入れております。
また、エベレスト以外でも、
ヒマラヤ・ロッド・エリック・ブルガリ・メッシーナ・K2等が高額買取の対象となります。
レディース物も高額買取しております。
また、マット素材よりシャイニー素材の方が高額で買取出来る傾向がございます。
需要が高いので・・・。

モンクレールの商品で買取時の査定ポイントは国内正規品か否かという事です。

あと、付属品が付いているのか否かも重要です。

また、ダウンジャケットいう性質上、モンクレールに限らず
襟元に汗ジミが付いている事が多く
汗ジミが付いていると販売価格に大きく左右致します。

個人差はございますが、1~2回着用程度の物でも、襟元に他人の汗ジミの付いている商品を着用するのは抵抗がありますよね。

未来的に売却を視野にいれている方は、タートルネック等を着用するなどして、汗ジミ対策を行った方が良いと思います(私見ですが、そこまで気を使ってジャケットを着用するのは如何なものだと思いますが・・・一応、神経質な方へのアドバイスです)。

また、結構、神経質にモンクレールのダウンジャケットを着用されている方は多いですね。

タバコの火は天敵です(笑)。タマに穴が空いている物を見かけます。
ガックーンと買取価格が下がります。

長文になりましたが、上記で述べたとおり、モンクレールを査定するのは物凄く神経を使います。

当店が見てきたモンクレールの商品の中での偽物で顕著な例が
小冊子に記載されている文字が
『ダウソヅャケット』になっていたりする事です(笑)。

これは100%偽物です。
常識的に考えてもわかりますよね。
『ン』と『ソ』、『ジ』と『ヅ』の見分けが付かないのでしょうね。

日本語を理解していない、日本人以外が模倣品を造っている事が容易に想像できます。

上記の様な物は、真贋鑑定が容易に出来ますが
ハイクオリティな模倣品も数多く存在致します。

最終的には、縫製のステッチ幅等を確認するのが一番の決め手となります。(素人にはかなり難しいですが・・・)。

模倣品は縫製も粗悪なので、ステッチのピッチが一定ではなくムラがございます。

また、真っ直ぐ縫われておらずガタガタになっている事が多いです。
恐らく、安価な縫製工場で縫製を行っているのが伺えます。

あと、モンクレール以外でも模倣品は『見えない所に手を抜く』習慣がございます。

覚えておいて損はないでしょう。

従って、内ポケットの裏の縫製等を確認するのが手っ取り早いでしょう。

とにかく見えない箇所を要チェックしましょう。
偽物でも見えている箇所や目立つ場所は、ややクオリティが高いです。

また、見えている箇所でもエベレストでいうと
左肩のロゴワッペンのステッチが淵に沿って並行に縫製されているか?
一定のピッチ幅で縫製されているか否かも真贋鑑定の大きなポイントになります。

上記のとおりモンクレールを査定するのは骨が折れます。

また、当店は高額買取を行う為、査定および鑑定を日々行っております。

また、一年中買取価格は変わりません。
真夏にダウンジャケットを売ろうが、真冬にダウンジャケットを売ろうが買取価格は同じです。

 

モンクレール Moncler バジーレ BAZILLE のイチオシ古着査定結果●

2010.02.16.400.jpgこんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はモンクレールのバジーレです。Moncler(モンクレール)の大人気ベストセラーダウンジャケット BAZILLE(バジーレ)。シンプルなデザインにフード取り外しができ
今や定番となったモンクレールを代表するダウンジャケットです。

襟内側にはフリース、フード回りにブラックのパイピングが施されておりバジーレは保温性も抜群です。ここで少しモンクレールの歴史についてお話しさせて頂きます。モンクレールはフランスで1952年探検隊の防寒服の開発からスタートした最高級ブランドです。

ふわふわとした高品質グース毛の厳選された素材、徹底的な品質管理によって生まれる最高級の温もりは多くのファンを虜にしております。

近年、日本でも爆発的ブームが巻き起こっております。
やはり芸能人や有名人が着用するのと併せて別注品がプレミア化し人気に拍車をかけたのでしょうね。そのモンクレールを代表するモデルがバジーレです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
モンクレールの買取はこちらから。

モンクレール K2 ダウンジャケットのイチオシ古着査定結果

2010.01.15.400.jpgこんにちは!アメ吉の木下です。
本日の買取アイテム紹介はモンクレールのK2です。

光沢のある滑らかな高級な表地が使われておりモンクレールの中でも人気のシャイニー素材です。その他、フードはスナップボタンによって取り外しが可能で左胸にフラップ付きポケット、ハンドウォーマーポケットはジップ付き裾にはドローコードが入り、両サイドのアジャスターで調節が可能になっています。モンクレールのダウンジャケットの中でもK2は1,2を争うほどの人気です。

また、モンクレールのK2は多くの有名人が着用した事で今は誰もが知っているダウンジャケットとなりました。エベレストと共にモンクレールを代表するモデルとなったK2はシーズンになると品切れが続出いたします。

モンクレール商品は偽物が多く出回っておりますので
国内正規品を買えば、まず間違いないでしょう。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
モンクレールの買取はこちらから。

モンクレール ブルガリ(BULGARIE)のイチオシ古着査定結果

2010.01.14.400.jpg

 こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はモンクレールのブルガリです。フライトジャケットのN2-Bをベースに作られたモンクレール BULGARIE(ブルガリ)です。

腰にかかる程度の程よいショート丈が動きやすくスタイリッシュです。モンクレールのブルガリはホールド感のある裾口のリブで保温効果も抜群です。

プレミアムダウンジャケットの名前を欲しいままにしたモンクレールの中でもダントツ人気を誇るのがブルガリです。

中綿のダウンは最上級のグースダウンを使い、極限の寒さでも体温に包まれているような暖かさを維持してくれるでしょう。

フードにはコヨーテとラビットファーを使用。

ブルガリの首元を留めれば、ファーのマフラーを巻いているかと錯覚します。本物を知り尽くした大人のプレミアムダウン
それがモンクレール ブルガリです。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
モンクレールの買取はこちらから。

 

ウエスコ エンジニアブーツ WESCO イチオシ古着査定結果

2010.01.13.400.jpg

 こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はウエスコ エンジニアブーツです。

 ブーツの王道ウエスコの代表モデルそれがエンジニアブーツです。
WESCO(ウエスコ)は正式にはWEAST COAST SHOE COMPANYといいます。

1918年創業以来、最高の素材と製法でワークブーツを作り続けております。

現在でも小規模の工場で155もの工程を経て、大量生産は一切せず少数生産によりクオリティーの高さを維持しております。

このエンジニアブーツは頑丈な作りで、ウエスコの良さが本当に分かる1品です。

バックル部分はクロムになっており、ソールはVIBRAM#100です。

また、全てカスタムメイドできるので自分だけのオリジナルのエンジニアブーツを作ることができます。

私自身、数あるメーカーのエンジニアブーツの中で
ウエスコのエンジニアブーツが一番カッコイイと思います。

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
ウエスコの買取はこちらから。

ウエスコ ロメオ ブーツ イチオシ古着査定結果

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はウエスコ ロメオです。

2010.01.12.400.jpg

WESCO(ウエスコ)のロメオは今までのウエスコ史上、異色のモデルとなっております。
1976年~2002年まで生産されていたTHE ROMEO(ロメオ)です。

ウエスコ会長のボブ・シューメーカーも愛用するロメオはウエスコ社の中では唯一の
スリップオンタイプのブーツとなっております。

ラフにそしてカジュアルに履く事の出来る仕上がりとなっておりますが
造りはやはりウエスコと感じました。

レザーライニングが標準装備されてり縫製もかなり良いです。

また、頑丈さと履きやすさをラングリッツレザーのジェネラルマネージャーの
デイブ・ハンセン氏も絶賛したというのは有名な話しです。

ソールが#1010なのもよりいっそう軽快さとカジュアルさを際立たせてくれます。

1度は廃盤になったモデルですが、現在、日本限定品として販売されております。

ウエスコのロメオを見かけた場合は、つくりの良さを是非、手にとって見てください。

ウエスコ、ロメオの凄さがわかると思います。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
ウエスコの買取はこちらから。

ウエスコ チャンピオンボスのイチオシ古着査定結果

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はウエスコ チャンピオンボスです。
2010.01.11.400.jpg

ジョブマスターと並んでウエスコを代表するブーツがボスです。

数年前にウエスコ・JAPAN企画の限定ということで発売されたチャンピオンボス。

チャンピオンボスの特徴は、ホースハイドを使用した贅沢なスペシャルモデルです。

ヒールカウンターとバックステイがブラックのホースハイド
シャフトとストラップ、ヴァンプがBKN/ブラックノーチラス(防水革)となっています。

このホースハイド×ブラックノーチラスのシリーズは
このチャンピオンボスの他に
サイクルボス、ジョブマスターキング、ダートマスターと
現在まで4つのモデルが発売されております。

全てをホースハイドにしなかった理由は強度の問題だと思います。

ウエスコは屈強なワークブーツ作りが信念なので
完全なホースハイドにしなかったのだと思います。

また、ステッチダウン製法やスチールシャンク、頑強なステッチワーク
などのウエスコを代表する堅牢な作りは崩されていませんでした。

そもそもなぜウエスコがこのような限定モデル(チャンピオンボス)をリリースしたかと言うと
1930年代~40年代のオリジナルラベルを発見したと事に始まります。

また、忠実に復刻するというよりは記念といった感じで発売されたのでしょう。

従って、ヴィンテージラベルを復刻したラベルとエンボスロゴが付けられております。
モデルによってラベルのデザインは変わりますが、数多いウエスコの現行ブーツの中でも
チャンピオンボス、ダートマスター、ジョブマスターキング、サイクルボスのみ
が対象となっております。

ウエスコ チャンピオンボスは素晴らしい出来となっております。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
ウエスコの買取はこちらから。

ウエスコ ウエスタンボスのイチオシ古着査定結果

ウエスコ ウエスタンボスのイチオシ古着査定結果。 2010年01月10日

2010.01.10.400.jpg

 

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はウエスコ ウエスタンボスです。

WESTERN BOSS ウエスタンボス
尖ったつま先の形やプルオンストラップ、一切の金具を使用していないその作りは
アメリカンカウボーイの足元を助け、モーターサイクルブーツとしても素晴らしい性能を
体感出来る1足となります。

ウエスタンボスはライディング時やタウンユースとして幅広く活躍できます。

また、ウェスタンボスは、エンジニアブーツほどごつくなく
スタイルを選ばずに履けるのが特徴です。

サイズは、ほぼRED WINGと同じと考えて良いでしょう。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
ウエスコの買取はこちらから。

ウエスコ(WESCO) ジョブマスターキングの古着査定結果

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はウエスコ ジョブマスターキングです。 

2010.01.09.400.jpg

ホースハイド(馬革)とカウレザー(牛革)を
贅沢にコンビ使用したワークブーツです。

素材の質感が違う為、ウエスコ同色のブーツと比べて印象が違いとても存在感がございます。

また、1940年代のラベルと刻印が記載されております。

こちらの商品は限定品販売となっております。

WESCO(ウエスコ)はオレゴン州のスカプースという山間の小さな町にございます。

1918年の創業以来、創業者のジョン・ヘンリー・シューメイカーから
現在まで3代に亘りで引き継がれてきた老舗です。

約100年近く続く長い歴史の中でもウエスコのジョブマスターキングは
ダントツの人気がございます。

私自身、ウエスコ以外のメーカーも含め
今まで見たワークブーツの中でジョブマスターキングは一番カッコイイと感じました。

ウエスコ ジョブマスターキングはワークブーツ最強の1足といっても
過言ではないでしょう。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
ウエスコの買取はこちらから。

トイズマッコイ カスタム MA-1 X-1 PROGRAM (TMJ8819)の査定

 

2010.01.08.400.jpg本日の査定アイテムの紹介はトイズマッコイ MA-1カスタム (TMJ8819)です。

 

こちらの商品の詳細は
MA-1 MIL-J-8279 ALBERT TURNER & CO. X-1 PROGRAM ANNIVERSARY MODEL です。

新生アメリカ空軍誕生は、ジェット時代の幕開けでした。

カリフォルニア州エドワーズ空軍基地は魔物の領域とされており
音速の壁を超えるべくテスト機、ベルX-1による超音速計画が行われておりました。

公式記録において世界で初めて音速を超えた人物は、かの有名なチャック・イェーガー氏です。
ちなみに、音速突破の前々日には落馬が原因で肋骨を骨折しておりましたが
骨折の事実を隠しXS-1に搭乗し見事音速飛行を達成致しました。


いかなる状況でも言い訳をせず、達成する人は達成するものですね・・・。
まさしく偉人です。

航空機の進歩は、同時に機体の一部とも言える
フライトジャケットにも劇的な進化を与え傑作品MA-1が誕生致しました。

その傑作品、MA-1を岡本氏が率いるトイズマッコイが完全復刻させました。
私見ですが、米国本場の老舗フライトジャケットメーカーよりも断然完成度が高いと思います。
勤勉な日本人は何を作らせても天下一品だと感動すら覚えます。

今回の商品は、トイズマッコイ製のMA-1の定番的モデルともいえる
アルバートターナー社製のファーストタイプのMA-1です。

音速の壁を越える為、テスト機ベルX-1による超音速計画に携わっていたエドワーズ空軍基地所属のテストパイロット達。

このモデルは彼らの偉業を後世に伝えるオマージュとなります。

今期モデルから、フロントとシガレットポケットにトイズマッコイが復刻した
MILスペックのブラス製ファスナーが採用され、よりタフな風格を演出しております。

勿論、素材や機能性や着用感は従来モデルそのまま受け継いでおりハイクオリティです。

当時のMILスペックにこだわりデュポン社に特別に発注した66ナイロンツイルは
ぬめり気を感じさせる独特の手触りと重量感が特徴的です。

当時と同じ手法で施された左肩のデカールは、長年着込む程に徐々に薄れていき
味わいが増していくので非常に愛着が湧いてくるジャケットとなりエイジングが楽しめます。

今回のMA-1はトイズマッコイの代表である岡本さんのセンスと拘りがヒシヒシと感じ取られました。
昔のジャケットの復刻品ですが、古臭さを一切感じさせないのが岡本さんの凄いところだと思います。
街中で着用してもスタイリッシュに仕上げてくれる事、間違いないでしょう。

また、少し話は変わりますが
商品を買取する時に、鑑定士としての買取価格の算出根拠は以下に尽きます。
①メーカーとしてのネームバリュー
②アイテムのクオリティ
③希少性

つまり
需要がどれだけあるか?
その物作りは確かな物なのか?
市場で枯渇している物か?

トイズマッコイは上記①~③の全てに当てはまります。
特にカスタムモデルはプレーンタイプと比べて生産数が少なく
且つ需要が大きいので、自然と定価に対して買取掛け率が高くなります。

特にトイズマッコイはリアルマッコイズ同様、非常に人気のあるブランドなので
新品ですと定価の30%~50%で買取しております。
フライトジャケットの新品未使用品なら40%越えは間違いないでしょうね。

物によっては70%~80%で買取する場合もございます。
過去にミスプリされたL-2Aカスタム品が10万円以上でネットオークションで落札された記憶がございます。

上記の様なプレミアのついているモデルなら定価以上で買取する事も稀ではございません。

また、鑑定士の勘ですが今回のアイテムは人気商品且つタウンユースも可能なので
売りたいとう所有者が少なく、値崩れしにくいと思います。

MA-1の鑑定時のチェックポイントはフライトジャケットの弱点ともいうべきリブに虫食い等の穴が空いているかいるか否かです。

リブ穴へのリスクは所有者の自宅(保管)の環境が大きく左右すると思います。

大量に送られてくる方でAさんとBさんがいたとします。
Aさんは比較的、新しいモデルのフライトジャケットを20数着送られてきました。
Bさんは比較的、古いタイプのフライトジャケットを10数着送られてきました。
しかしながら、Aさんの物は1着を除いて全てのリブに虫食いがございました。
Bさんの物は、5年以上前のモデルばかりなのに1着も虫食いがございませんでした。

上記の事からわかるとおり、保管場所の環境でリブの虫食いの発生リスクが左右されるという事です。
私見ですが、比較的築年数が経過している木造住宅で保管した場合は虫食いが発生しやすいです。
但し、防虫剤や防虫カバー等でガードする事により緩和されると思われます。

リブに穴が空いていると若干買取価格が下がってしまいます。
大きな穴の場合は顕著に下がります。
リブを修理するにも高額なリペア費用が発生してしまいます。

また、買取価格が下がる要因としてMA-1の場合はナイロン素材なので
比較的雨に弱く伴いシミになりやすいです。
シミがあるか否かも鑑定時の買取価格に左右します。
雨の日はできる限り濡れないように気を付けてください。
買取等にかかわらず、ジャケット自体が傷んでしまいます。

買取のお客様の中で売却の際にステンシルのカスレ等を気にしている方を時々拝見しますが
顕著でない限り査定時の買取価格に大きく左右することは殆どございません。

あと、気を付けないといけないポイントは紫外線による日焼けです。
自宅保管時に窓際等に置いていると日焼けの原因となります。
また、店頭でディスプレイされている物も注意が必要です。
スポットライトによる日焼けは少なくないです(固定の箇所に常時照射されている為)。
日焼けは当店に限らず、どちらのお店でも買取価格に大きく左右します。

トイズマッコイの中でもMA-1は人気アイテムとなりますので当店では買取に力を入れております。
カステム物や限定物のMA-1は特に力を入れております。
商品を売るなら是非、アメ吉をご利用ください。

最後にこちらの商品のマテリアルを紹介致します。

アウターシェル:2/2ヘビーナイロンツイル。内部ライニング:混紡パイル(ウール&コットン)
ブラス製ファスナー、66ナイロンツイル(デュポン社特注)
デカール、ミックスリブ(カフス部&ウエストバンド)  です
定価 81,900円

バズリクソンズ A-2 赤リブ M品番の古着査定結果

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はバズリクソンズ A-2 赤リブ M品番(M83145)です。 

2010.01.07.400.jpg

BUZZ RICKSONS(バズリクソンズ)から定番フライトジャケット
『A-2 “BUZZ RICKSON CLO.CO.”1942MODEL』は現在発売されている人気モデルです。

その旧タイプが画像のとおりの通称『M品番』です。
バズリクソンズの中でもM品番のA-2はかなりのものです。

ここで少しA-2の歴史についてお話しさせて頂きます。

陸軍航空隊のシンボルとも言えるフライトジャケットA-2は1930年に実用テストされ
1931年に標準採用されました。

A-2はカフスとウエストバンドのウールニットをA-1より引継ぎ
1928年にフロントボタンはジッパーに変更され、風の侵入を防ぐフラップが付けられ
襟元に付けられたフックで閉じればより一層の防寒効果がもてました。

素材は馬革(ホースハイド)が最適と判断され、その理由には諸説ございますが
馬の持つ独自の皮質(柔軟且つ堅剛)が大きな理由と思われます。
また、安定供給が可能というのも加味されたと思われます。

A-2が採用された当時、それまでの人々の移動手段だった馬車に代わって自動車の時代が始まりました。
馬が必要とされなくなった為、比較的馬革が簡単に手に入れる事が可能になったという背景もございます。

1941年の開戦と同時にA-2を大量生産する事により、民間企業への生産委託が拡大し
1944年の生産中止までに約20万着が生産されたらしいです。

しかし、馬革(ホースハイド)だけでは対応しきれず
牛革(カウハイド)、山羊革(ゴートスキン)なども代用革として使用され
その後、革製のフライトジャケットはAN-J-3、AN-J-3Aへと受け継がれていきました。

天然素材である革の供給の限界は非常事態に於いては致命的であり
それに代わる素材の開発が迅速に行われ、1943年にはコットン素材の中温域用ジャケット
B-10が開発され、1945年にはA-2の後継モデルとして
ナイロン素材のライトゾーン用ジャケットL-2が標準採用されました。

こうしてA-2というフライトジャケットの歴史に幕が下ろされますが
その後もパイロット達はA-2を手放さず着用し戦場へ飛び立っていったのは有名な話しです。

・・・・・・・・・・・

バズリクソンズはそんな歴史的背景のあるA-2を復刻し続けているメーカーです。
『A-2 BUZZ RICKSON CLO.CO 1942MODEL』
特徴はROUGH WEAR(ラフウェア)社とは好対照で
身頃左右別々の型紙を使用しているので中心が合っている事や
衿はスペックの緩和により台衿が省略され直線的で開襟シャツに近く
台衿が省略された為、顎への干渉が解消されております。

赤いニットパーツがつけられたこのバズリクソンズのA-2 は
通称『赤リブ』と呼ばれ色の濃いシールブラウンとのコントラストが美しく
この赤リブを使用した実物は非常に少ない貴重なものとなっています。

今回は現行モデルの原型である通称『M品番』と呼ばれるA-2です。

東洋エンタープライズの製品はフライトジャケットのみならずスカジャン等も昔の物は
M品番が多いですね。

また、こちらのバズリクソンズ A-2 M品番 赤リブ はヤフーオークションでも
高額で取り引きされております。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
バズリクソンズの買取はこちらから。

アヴィレックス G-1 トップガンのイチオシ古着査定結果

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はアビレックス G-1 トップガンです。

 2010.01.06.400.jpg

 老舗ミリタリーブランドAVIREX(アヴィレックス)のトップガンです。
トムクルーズの映画『トップガン』で一躍人気が広まったアビレックスの
超人気モデル。

何と言ってもワッペンの1つ1つがカッコ良くてアメカジ好きにはたまりません!

ボアが取り外し可能になっているので、気候に合わせた着こなしが楽しめます。

シルエットは従来のUSサイズではなく、ややタイト目で、スタイリッシュなシルエットです。

アヴィレックスは1937年に米軍指定の業者となった
「エアロレザーカンパニー」がAVIREXの全身でありルーツです。

1974年に現社長のジェフ・クライマンによりAVIREX(アヴィレックス)に
社名を変更して本格的に一般市場に商品の販売を開始いたしました。

アヴィレックスは、米軍指定業者とし培った高度な技術と専門知識を活かして
数々のフライトジャケットを復刻し、市場に供給し、現在はスポーツ
その他カジュアル全般にまで及び販売しております。

そのアビレックス社の代表作がトップガン(G-1)モデルだと思います。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
アヴィレックスの買取はこちらから。

リアルマッコイズ タンカース タクシードライバーの古着査定結果

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はリアルマッコイズ タンカース タクシードライバーです。 

2010.01.05.400.jpg

TAXI DRIVER で使われたタンカースは複数あった。
黒いキルティングが最も目を引くポイントだが、袖口、前立てのつくりの違い
パッチの微妙な差、ジッパーが短い等の差も見られます。

バズリクソンが有名ですが流石はリアルマッコイズの作りは一味違います。
このクオリティはもはやフライトジャケットとは思えません。
 
素材はアウターシェル:コットン100%
ライニング:レーヨンキルティング
ジッパー/タロン・ベル型プルタブ
右胸/空挺技能章:刺繍製パッチ 
左肩/KING KONG COMPANY:刺繍製パッチ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
リアルマッコイズの買取はこちらから。

ウエスコ ジョブマスターのイチオシ古着査定結果

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はウエスコ ジョブマスターです。
2010.01.04.400.jpg

私はウエスコと出会う前まではレッドウィングしか履きませんでした。

しかし、原宿でウエスコを購入してからウエスコにハマりました。
新品を初め履いた時は足が棒になりました。

正直、こんな痛いが存在するのかと思いました。
しかし、足になじんでくる度に愛着が湧きあがり
今ではウエスコを愛用しております。

私見ですがブーツと言えばウエスコ ウエスコと言えばジョブマスターではないでしょうか?

ウエスコと言えばエンジニアブーツのボスがかなり有名ですが
ジョブマスターは初心者にでも履きやすいと思われます。

サイズやマテリアルはもちろんのこと、ハイト、ソール、ステッチ、ライニング
トゥ等、カスタムできるポイントは色々ございます。

選択できるレザーの種類はホワイツより若干少ないですが
ステッチの色やライニングの種類、トゥの形状、ソールの種類等は
ホワイツより自由の増したカスタムができると思われます。

形さえ気に入ればウエスコの方が自由度は高いかもしれませんね。

だいたいの人は、レッドウィング等からワンランクアップしようとした時
ウエスコのジョブマスター又はボス か ホワイツのスモークジャンパー等で
悩むのではないのでしょうか?

私もその1人でしたよ。

ウエスコのブーツの特徴としてヴァンプとヒールカウンターの2枚重ねレザーや
ステッチダウン製法、スチールシャンクなどが有名かと思われます。

ヴァンプとヒールカウンターの2枚重ねレザーですが、言わずもがな強度が高まります。
それとステッチダウン製法と相まって機密性も非常に高まります。

更に標準的な仕様だと2枚重ねレザーの間に強化プラスチックが内包されております。

アメリカの過酷な労働にも耐えうるワークブーツとして拘りに拘りぬいた屈強さが
ウエスコがアメリカのハードワーカー達に愛用され続けられている証しだと思います。

また、アメリカでは日本ほど高額ではないので比較的手に入りやすいと思われます。

最近ではほとんどがタンユースで履いているのではないでしょうか?

元々、アスファルトの上で履くことを想定して作られていないので
街履きすればソールの減りは比較的早いでしょう。

また、昔はソールを交換できるシューズリペアショップがなく
米国に送ってソールを交換し頂くのが常套手段でした。

但し、今ではソール交換できるリペアショップもございますし
ウエスコの正規代理店も日本に誕生し、ソール交換も勿論行っております。

ウエスコのソール交換が一般的に難しい理由としては
ステッチダウン云々以上に大きな問題がございます。
特にウエスコやホワイツのブーツはソールの厚み、ウェルトのダブルステッチ等特殊な機材等
高度な技術が必要となるケースが多く
一般的なシューズリペアショップでは対応しきれないのが現状でした。

レッドウィングなどのグッドイヤーウェルト製法のブーツをソール交換できる
リペアショップはたくさんございますが、
ウエスコやホワイツのソール交換をできるシューズリペアショップは
極端に少ないのが現状です。

必然的に費用も高くなってしまうソール交換がユーザーにとってはデメリットですね。

そんなウエスコを愛してやまないユーザーが日本には沢山存在しております。

是非、ウエスコのジョブマスターを履いてください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
ウエスコの買取はこちらから。

ジョーマッコイのスタジャンのイチオシ古着査定結果

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はジョーマッコイのスタジャンです。

2010.01.03.400.jpg

古き良き時代の象徴であるスタジアムジャンパー 通称スタジャン

今はなきジョーマッコイが作り上げただけあって作りは素晴らしいです。

デニムとの愛称も抜群で906や901とあわせたくなりますね。

ジョーマッコイのアイテムは今なお根強い人気があり
ネットオークションでも高値で取り引きされております。

街中でジョーマッコイ製品を見かける事があればとてもラッキーな事だと思います。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
ジョーマッコイの買取はこちらから。

ショットの641シングルライダースのイチオシ古着査定結果

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はショットの641シングルライダースです。 

2010.01.02.400.jpg

すっきりしたデザインが魅力の641 シングルライダースジャケット。

重厚なレザーを使用し本格派バイカーはもちろん
タウンユースにもがっちりはまる定番中の定番アイテムです。

641と141とは、全体に使用されている素材が異なります。

641は重厚なステアハイドレザーを使用し
141は柔らかなオイルドカウハイドレザーを使用。

ステアハイドとは生後3~6ヶ月以内に去勢された牡牛の革。
重厚でやや固めですが、着込む程に風合いが増していきます。

オイルドカウハイドとは生後2年以上を経過した出産経験のある牝牛の革にオイルを含ませたもの。
柔らかく、新品の状態でも着心地が良いです。

ショットに関しましては、600品番代はステアハイドレザー
100品番代はオイルドカウハイドレザーを使用しております。

ここで少しショット社の歴史についてお話しさせて頂きます。

1913年、ニューヨークイーストブロードウェイにて、アーヴィンとジョンの
ショット兄弟によりスタートしたショット(SCHOTT)。

設立当初はレインコートを生産しておりましたが
1928年に世界で始めてジッパー開閉のライダースジャケットを開発いたしました。

アーヴィン愛用の葉巻からとったパーフェクトと名付けられました。

第二次大戦では米軍にピーコートとボマージャケットを納品しております。

その後、伝説とも言える「ワンスター」が発売されました。

マーロン・ブランドを初め、ジェームス・ディーンやシド・ヴィシャスといった
数々のビッグネームがこのモデルを着用しております。

その人気は瞬く間に世界中に広がりました。

裁断から縫製まで全て自社工場で行い、徹底した品質管理の元で作り出されております。

ほとんどの米国ブランドが生産を他国に移す中、MADE IN USAに誇りを持ち
一世紀近くに及び、古き良き時代の物作りを受け継いでいる数少ないブランドの一つと思います。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
ショットの買取はこちらから。

フェローズ A-1 カスタム のイチオシ古着査定結果

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はフェローズ A-1 カスタムです。

2010.01.01.400.jpg

フェローズ A-1 カスタム
カラーはブラウンです。
定価は税込み¥130,000位です。
コンディションはUSED品ですが程度良好です。

フェローズのフライトジャケットは何故か1発でフェローズと分かります。
志村さんのこだわりだと思います。

現在、色々なメーカーがフライトジャケットを発売しておりますが
どこもオーバースペックばかりで同じような作り同じような色になります

但し、フェローズはどこか独創的な存在感のある革ジャンを作ります。

スカジャンにしろデニムにしろフェローズは見ていてとても面白いです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
フェローズの買取はこちらから。

ウエアハウス・スカジャンのイチオシ古着査定結果

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はウエアハウス・スカジャン・マタドールです。

2009.12.31.400.jpg

大西洋の真中に浮かぶアゾーレス諸島。
9つの島からなるポルトガル領のこの群島は、ヨーロッパとアメリカ大陸のちょうど
真ん中にあるので、かつてはポルトガルの世界進出の中継点として歴史に名前を残しております。

また、そんなアゾーレス諸島のひとつ、テルセイラ島に滞在した米兵が作ったスカジャンです。

ポルトガルでは牛を殺さない闘牛が有名ですが、この島にきたアメリカ兵は
闘牛がもっとも印象に残ったと思われます。

ウエアハウスのスカジャンの特徴は、何と言ってもその刺繍にあります。
他では見られない手刺し刺繍が、ミシン刺繍では表現できない動物の表情や
毛並みまでをも緻密に表現しております。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
ウエアハウスの買取はこちらから。

トイズマッコイ BECK(ベック) 666 ジョンソンモータースの査定結果

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介は
トイズマッコイ BECK(ベック)666 JOHNSON MOTORS(ジョンソンモータース) TBJ6602 です。

2009.12.30.400.jpg

トライアルやTTレースに出場するライダーの為に開発された50年代中頃の
ショート丈シングルライダースをカスタムしております。

見れば見るほどカッコイイ革ジャンです。

こちらの商品はレザージャケットというより芸術品に近いです。

かなり上質なホースハイドを使用している為、ライダースジャケットの領域を超えております。

背中にはアクションプリーツが施されており
ライニングには滑りやすいレーヨン生地を使用されております。

また、運動性能を考慮した作りとなっており非常に動きやすいです。

正面はジョンソンモータースのレザーロゴとなっており
右腕にはソーラーレーシングのパッチ、左腕にジョンソンモータースのパッチが付いております。

トイズマッコイらしいオーバースペックが強調された1作となっております。

私自身、ライダースジャケットは好んで着用するほうではございませんが
こちらのトイズマッコイのジョンソンモータースは欲しいと思いました。

トイズマッコイの革ジャンはさすがに素晴らしいです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
トイズマッコイの買取はこちらから。

フラットヘッド 別珍スカジャン SV-54の古着査定結果

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介は
フラットヘッド(THE FLATHEAD) 別珍スカジャン SV-54です。

2009.12.29.400.jpg

フラットヘッド 別珍スカジャンを本日買取致しました。

ヴィンテージを徹底的に追求し、より忠実に復刻したスカジャン。

別珍素材と逆面のフィラメントレーヨンは共に旧式の力織機による耳付きの生地で
着用による経年変化と独特のドレープ感を味わえると思います。

また、レーヨン100%糸を使用して施された手振りミシンによる細かな刺繍は
熟練の職人により立体的で躍動感のある風合いに仕上がっております。

私見ですが、お勧めできるスカジャンです。

■■■両面刺繍

当時と同様にレーヨン弱撚糸で手刺しに近い刺繍を施しております。
図柄の遠近を考慮し、見る角度でも表情が変わって見える為
ヴィンテージのスカジャン同様の凹凸感が再現されております。
 
■■■素材

■別珍
別珍素材は ヴィンテージスカジャンの別珍素材を、生地に至る前の段階から
徹底的にこだわり、研究されているのがわかります。
ビンテージスカジャンそのままの風合いは 独特の肌触り感と
着用に伴う経年変化までも再現されていると感じました。
 
■レーヨンサテン
フィラメント×フィラメントレーヨンを使用したサテン織りされた生地です。
レーヨン100%のサテン生地は現在流通しておらず
糸製作から生地に至るまで手間と時間をかけて特別に製作した生地です。
独特のドレープ感とシルクに近い手触り
着込んだ時の経年変化を考慮したつくりが特徴です。
フラットヘッドのこだわりがヒシヒシと伝わってくるスカジャンです。

■オリジナルジッパー
50sの形がモチーフとなり、オリジナル刻印が入る両引き手ジッパーです。
ノンロック式ではなくロック式になっております。
 オリジナルフライス独特のテンションを持つフライスは
ヴィンテージと変わらない質感のフライスです。
ボディへ多少きつめに縫製することで、永い着用と独特の経年変化を楽しめる作りです。

■縫製
この商品は40~50sに見られた縫製仕様で作られております。
生地の性質上2本針ミシンは使用できない為、シングルミシンにより肩・各リブ付け部・ポケット縁・前立て部と補強しております。

こちらのフラットヘッドのスカジャンは
ヴィンテージスカジャンを徹底的に分析し、作り上げられた究極の1枚と言えるでしょう。

また、私がフラットヘッドのスカジャンの中で1番デザインが好きな1枚です。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
フラットヘッドの買取はこちらから。

バズリクソンズ・B-10・フライングタイガーの古着査定結果

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介は
BUZZ RICKSON'S(バズリクソンズ) ☆ B-10 フライングタイガース☆ BR10803です。

2009.12.28.400.jpg

フライトジャケットのマニアの間で人気抜群のフライングタイガース。

B-10「23rd Fighter Group 14th Air Force」【如虎添翼】
ROUGH WEAR CLOTHING CO.

左胸に革製第23戦闘空群章
左肩に革製CBI戦区章
右肩には革製第14空軍章が取り付けられています。

フライングタイガースはTwenty Third Fighter Group など
背中や胸に描かれた文字はハンドペイント仕上げになっております。

B-10は革製フライトジャケットの代替えとして
1943年7月22日に米陸軍航空隊が正式採用した布製フライトジャケットです。

第2次大戦中、急激な皮革不足に悩まされた米軍は大量生産が可能なコットンツイルを
使用したフライトジャケットを開発しました。
そこで誕生したのがB-10(フライングタイガース)です。

ライニングにはアルパカモヘアウールパイルを使用しており
シープスキンに比べてかさばらず、軽量で保温能力が高いという利点がございました。

1941年12月に開設されたCBI戦域とは
チャイナ、ビルマ(現ミャンマー)、インドの頭文字を取ったもので
日本と戦う中国を援助し戦争からの脱落を防ぐことを目的としておりました。

中国に対するアメリカの援助は参戦前から行われ「フライングタイガース」と呼ばれた
アメリカ義勇軍(AMERICAN VOLUNTEER GROUP)が存在しておりました。

アメリカの参戦が決定すると直ちに第14空軍が編成されA.Ⅴ.Gは同空軍に吸収されました。

第23戦闘航空群はAVGの精神を受け継いだ直系のグループです。

また、デザインもB-10(フライングタイガー)は非常に良く
タウンユースとしても活躍して頂けます。

バズリクソンズのコットン系の代表はB-10(フライングタイガース)か
タクシードライバー(ロバートデニーロモデル)でしょう。

また、フライングタイガースの魅力は愛くるしいキャラクターにあるのかもしれません。

現在、フライングタイガースはバズリクソンズの顔ともいえる存在になっております。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
バズリクソンズの買取はこちらから。

パタゴニア・ダウンジャケットのイチオシ古着査定結果

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はパタゴニア・ダウンジャケットです。

2009.12.27.400.jpg

 ダウンジャケットと言えば『PATAGONIA(パタゴニア)』!!
そう思うのは私だけでしょうか?

現在はダウンセーターが人気があるそうです。
ダウンセーターは最小限の重量とかさばりで最大級の保温性を提供します。
パタゴニアは環境問題にとりくんでいる会社ですので
リサイクル・ポリエステル100%をシェル素材に採用しております。
耐裂性と耐風性、撥水性がもの凄くよいです。

最高品質を誇る800フィルパワーのヨーロピアン・グースダウンを使用し
インサレーションを押さえるキルトの縫い目を裏地まで貫通させた構造は圧巻です。

また、軽くて薄いの車の運転時でもダウンジャケットを脱ぐ事なく
快適にドライブができます。

私自身はパフジャケットを7年ほど着用していおります。
フードは何処かへいってしまい、また、ジッパーも下の方からがおかしくなってしまいました。

また、常に革新的なアウトドアウェアを生み出し続けるのでPatagonia(パタゴニア)です。

シンプルさと実用性に加え徹底したデザインやクオリティの高さはもちろん
そのプロダクトは物づくりにとどまる事なく、環境活動にも範囲を広げております。

パタゴニアのダウンジャケットは誰でも知っておりますが
コットン製のスポーツウェアに対してオーガニックコットンを
使用していることは業界の中で有名です。

また、パタゴニアの代名詞ともいえるのがダスパーカです。

古い物はヤフーオークションでも高値で取り引きされております。

ダスパーカで人気の色が
アシッドグリーン、ゲッコーグリーン、ポップオレンジ、バターナッツ等です。
多分、ブルーリボンはとんでもない金額まで上ると予想されます。
※ダスパーカも現行の物はもちろん定価で購入できます。

パフボールやファイアーボールやダウンベストも動きやすく
保温性に優れているところから人気があります。

ダウンパーカは定価が約5万円と高額な為、中高生には手が届きにくいですね。

パタゴニアはダウンジャケットだけではなくレトロカーディガンなどダウンジャケット以外でも
人気がございます。

ナイロンジャケットではインファーノが人気がありますねえ。

また、冬物のイメージの強いパタゴニアですがパタロハというアロハシャツも販売しております。

◆ここで少しパタゴニアの歴史についてお話しさせて頂きます。

パタゴニアの創設者イヴォンは、ヨセミテを中心にクライミングをするさなか
独学で学んだ技術でピトンの鍛造と販売を開始いたしました。

1965年にシュイナード・イクイップメント社を設立し登山用具を販売。

やがて米国最大のクライミングギアのサプライヤーへと成長していきます。

1960年代後半、スコットランドにクライミング旅行へ出かけた際に
購入したラガーシャツがクライミング仲間に好評だった事から
ラガーシャツの輸入業を開始し、販売するようになりました。

その後、衣料品の製造販売が増加し、衣料部門をクライミング・ビジネスから独立させ
Patagonia(パタゴニア)が誕生いたします。

当時のダウンジャケットにはコットンやウールが使用されていましたが
北大西洋の漁師が着用していた保温性に優れた化繊パイルのセーターに着目いたしました。

その結果、濡れても保温効果を保つパイル製セーターが誕生いたしました。

また、水分を吸収しないポリプロピレン製のアンダーウェアを製造することにより
素肌に直接着用するインナーレイヤーで水分を発散し中間のパイルをインサレーションとし
そして一番外側に着るシェルで雨風を防ぐ、というレイヤリングのコンセプトを提案しました。

パイルのセーターとポリプロピレンのアンダーウェアが人気爆発の中
素材の改良がすすみ、毛玉になりやすい欠点のあったパイルは
バンティングをへて、全く毛玉にならない両面起毛のシンチラ素材へと進化を遂げていきます。

一方ポリプロピレンも、熱に弱いため高温で強力な乾燥機に入れると生地が溶けてしまう・・・
疎水性で水を弾いて汚れが落ちにくい・・・等の欠点を改善した
キャプリーンポリエステルへと生まれ変わりました。

他にも、動きやすく水分を吸湿発散させるキャプリーン バリアブル・ニットや
軽量で保温性に優れ、且つコンパクトに収納可能なレギュレーターインサレーションを開発いたします。

さらに4年前の2005年には、ウェットコンディションにおける機能を大幅に改善した
新しい継ぎ目の技術であるコンポジット・シーム・システムをパタゴニアは発表致しました。

また、1986年に開始した環境活動グループへの寄付を始め
カタログには再生紙を使用、シンチラ・フリース素材にはリサイクルしたペットボトルから
作った再生ポリエステルを採用しております。

さらには全製品をオーガニックコットン100%に切り替えるなど
地球環境保護活動にも全力で力を入れております。

また、パタゴニアの凄いところは機能性のみを追求するだけではなく
その鮮明なデザインからタウンユースとしても人気がございます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
パタゴニアの買取はこちらから。

モンクレール・エベレストのイチオシ古着査定結果

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はモンクレール・エベレストです。

 2009.12.266.400.jpg

エベレストを作っているモンクレールはフランスグルノーブル地方郊外の
モネステ・ド・クレァモンが発祥の地です。
MON+CLERを合わせてモンクレールという名前になりました。
最高級のダウンジャケットは歴史も深く50年以上も愛され続けております。

moncler創業者のレネ・ラミヨン、アンドレ・バンサンと
世界的なアルピニスト、リオネル・テレイの出会いにより
モンクレール・エベレストが誕生いたしました。

エベレスト登頂などを目指すアルピニストにとって十分な可動性
保湿、軽量、保温力に優れた装備は必ず必要です。

モンクレールは研究を重ねこれに見事応えました。

エベレストのみならず、カラコラム登頂隊、マカル登頂隊、アラスカ遠征隊も着用いたしました。

グルノーブルオリンピックではフランスチームの公式ウェアに採用され
これによりプレミアム・ダウンジャケットの代名詞として
モンクレールの名前は世界中に知れ渡りました。

モンクレールエベレストなどのダウンにはグースの産毛が使用されています。
4Flocons(キャトルフロコン)はダウンの規格では最高品質を表すものです。

このキャトルフロコンは限られた量しか採取されないない為、大量生産できません。

モンクレールのダウンジャケットは軽量で暖かく、かつ包み込むような
ウェアをいうことを念頭に職人達が製作しているので高品質なのです。

その中でもmonclerのエベレストは現在のところ一番人気です。
二番手が僅差でロッド(ROD) ですかねえ(笑)。

その人気の秘密は品質だけでなくファッション性においても
エンドユーザーから圧倒的な支持を受けています。

現在ではその爆発的な人気から、偽物も横行していますのでご注意下さい。

従って、国内正規品の表示がある物の購入をお勧めいたします。

ネットオークション等で購入するなら
ペッパージャパン、スープリームス、スプレンダーズ&カンパニ、モンクレールジャパン
の表示タグが1つの目安とお考え下さい。

当店、アメ吉は勿論、国内正規品の本物しか買取しておりません。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
モンクレールの買取はこちらから。

サムライジーンズの19オンス(19OZ)イチオシ古着査定結果

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はサムライジーンズの19オンスです。
品番はS510XX19OZ

2009.12.26.400.jpg

SAMURAIJEANS(サムライジーンズ)S510XX19OZモデル!
人気定番S0510XXの仕様を基本とし
19オンス刀耳セルビッジ
日の出ボタン
諸行無常スレーキに加え
このモデルより影武者シリーズ(バックポケットが黒糸ステッチ)として展開しております。
シルエットはレギュラーストレートです。

経にはムラ5番糸を使用し、綿質の硬い荒い原綿を
よりザラ感が出る手法(強撚)で紡績しております。

ムラの形状も5番という太い糸では表現しにくかったナチュラルさがございます。

染めはインディゴ100%で表現できる濃色のもう一つ上の特濃色で染色しており
アタリが付き易いように糸の芯白の部分は出来るだけ大きくしております。

よこ糸は4番と太番手を使用し、裏の肌触りがソフトになっており
表のゴツゴツとしたハードさと、肌に当たる部分の柔らかさで
より一層着心地の良いものになっております。

織りに関しては、ヘビーーデニムでの極限までアタリにこだわっており
セルビッチ部分はお馴染み侍が所持する刀をイメージし「刀耳」と呼んでいるらしいです。

サムライ鉄製日の出ボタンを採用し立体感を強く出した事で
通常のタックボタンにないインパクトを持っております。

常時、向上心を持ち、惰性に流れることなく毎回心新たに基本に立ち戻りながら
物作りをしたいという想いを込めて作られたそうです。
そしてSAMURAICO.,LTD JAPAN'S FINESTの文字が
刻印されております。

日本製ジーンズとして堂々と胸を張れる作品だと思います。

オリジナルリベットの銭形はフロント・隠しリベット共に銅製で
サムライ諸行無常の文字が入っております。

綿糸の配色はバナナイエローと金茶のニ色を中心としており
このモデルに関しては全て綿糸による縫製で仕上げております。

ディテールは
バックヨークの巻き縫い
帯付の環縫い
持ち出し付け
脇の地縫い等の主要部には6番糸
脇押えには0番糸と太い番手を用い
サムライジーンズらしさと19オンスのワイルドさを表現しております。

ダブルステッチのゲージや針足
糸番手は各部の特徴にあわせて調整し見たときのメリハリをもたせているのだと思います。

大股のコバステッチはやや内寄りに走らせ
当時の力強いステッチワークをイメージしております。

バックポケット付けは一筆縫いにて縫製され
ベルトループについては巻き込みを増やして中高にしており
ループはバンザイ付けにて革パッチと共に固定されております。

バックポケットは影武者ポケット仕様
周囲のステッチの角は渡り目を走らせ
他モデルとは違った印象を持っております。

サムライジーンズは19オンス等のヘビーオンスがとても人気があり
限定物は店頭でもすぐに完売するらしいです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
サムライジーンズの買取はこちらから。

ダブルワークスのダウンベストのイチオシ古着査定結果

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はダブルワークスのダウンベストです。
カラーはベージュ×ブラウンです。
コンディションはUSED品です。

2009.12.24.400.jpg

DUBBLE WORKS(ダブルワークス) レザーヨークダウンベスト

60/40、リップストップナイロンなど、様々なヘビーデューティークロスを
まとうウエスタンヨークシリーズですが
今季はもっともクラシックなコットン風のナイロンシェルを
使用されております。

コットン独特のムラのある風合いをナイロンで再現し
さらに古着のイメージを出す為、あえて野性味あふれるカーフレザーを使用しています。
※ヨークのレザーには味としてあえて傷のあるものを使用していることが多々ございます。

また、レザー ダウン ベストはこの季節なかり重宝できる
アイテムになってくると思います。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
ダブルワークスの買取はこちらから。

エドワードグリーンのチェルシー のイチオシ古着査定結果

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はエドワードグリーンのチェルシーです。

カラーはブラックです。
MADE IN ENGLANDです。
箱と収納袋とシューツリー付きです。
別売り(¥17,000位)のエドワードグリーン製の純正シューツリー付きです。
コンディションは1~2回着用程度です。 
 

2009.12.23.400.jpg

 

世界最高水準の評価を受けるイギリスの老舗靴メーカー
EDWARD GREEN(エドワードグリーン)。

1890年にイギリスで創業されました。
1983年イタリアで靴デザイナーをしていたジョン・フルスティック氏が再建しました。

機械製ながら少量生産、クオリティー重視の経営指針を打ち出し
アンティーク加工による仕上げや豊富なラストによる追求されたフィッティングなど
靴のメーカーとは一線を画す存在です。

そのエドワードグリーンの代表モデルの一つであるチェルシーの人気は
ドーヴァーと二分いたします。

チェルシーは皮質が良いので足入れすると、すぐ足に馴染んで行くのが分かります。
また、磨けば直ぐに光りだすという最高の靴と言えます。

慣らしの最中も毎回靴が自分の足にフィッティングしていくのが分かります。
足に合ってしまった後は心地よく、足が靴に包まれソールがしっとりと足にくっ付いてくれます。

既成靴の最高峰であるエドワードグリーンのチェルシー
その最高の履き心地は「足の存在を忘れる」と謳うカタログのとおりだと思います。

みなさん街中でエドワードグリーンのチェルシーを見かける事があれば
是非、試着をしてその履き心地を確認してください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
エドワードグリーンの買取はこちらから。

ウエストライド レーシング ダウンジャケットの古着査定結果

こんにちは!アメ吉の木下です。
本日の買取の紹介はウエストライド レーシング レザー ダウンジャケットです。
ウエストライド レーシング ダウンジャケット TYPE2  
カラーはブラックでホースハイド(馬革)です。
定価は税込み¥123900です。
コンディションは1~2回着用程度で抜群でした。
2009.12.22.400.jpg

ダイヤ柄キルティングステッチが施された
レザーレーシングダウンジャケットタイプ2の馬革(ホースハイド)を
使用した豪華な作りになっており、見るものを圧倒します。

また、全世界で最も高い評価を受けている
ハンガリー産のホワイトグースダウンを採用しており
ハンガリーの厳しい気候条件と厳格に管理された農場で生産された
生後1~2年の越冬した親鳥のホワイトグースのみから採取され
その中でも更に希少価値の高いダウンボールのみを使用しております。

ダウンボールには耐久性と柔軟さと弾力性が兼備されており保温性も抜群です。

また、このダウンは最高品質と称される800FPのダウンを使用しております。
高機能なダウンほど潰れず復元能力に長けております。

またダウンは吸湿、防水性と発散性を兼備し
綿やその他の動物化学繊維と違い、吸湿しても不快さや体温を奪われることはなく
防寒性についても非常に優れております。

ウエストライドから定価12万円ちょいで販売されておりますが
クオリティから見て安いと感じました。

通常メーカーですと15~18万円位はいくと思います。
約1.5倍くらいはすると思います。

また、ウール混のライニングは真冬の走行時でも心地よい肌触で
ライダー達を温かく包み込んでくれること間違いないと思います。

タウンユースでは暖かくなりすぎるため
体温の調整用にベンチレーション機能もサイドに装着されております。

襟リブ、袖リブには防風性・防寒性・静脈効果を高めるため
ネオプレーンを内蔵されております。

表素材には最高品質で、ソフトで柔らかく仕上げられたホースハイド(馬革)を
採用することで見た目の高級感はもちろんの事
長年の着用でホースハイド(馬革)独特の光沢感やユーズド感などの
経年変化も楽しめると思います。

また、ナイロン素材の場合は経年変化=ダメージとなりますが
ホースハイドダウンジャケットならオーナーの味となってくれるでしょう。
着込んでいくごとに、カッコよくなっていくこと間違いないと思います。

また、各部にウインドストラップ、防風マジックテープ、ドローコード
ずり上がりを防ぐバックサイドダックテイルカット、内ポケット
チケットポケットなどライディングに適したパーツを多数採用しております。

シルエットもスタイリッシュでバイク走行時に適した
袖丈・着丈となっており、タウンユースからバイク走行まで
幅広く活躍して頂けるダウンジャケットと思います。

レザージャケット(革ジャン)で有名なウエストライドですが
レザーダウンジャケットを作らせてもかなりの物ですね。

おそらくアメカジ界で最強のレザーダウンジャケットが
『ウエストライド レザー レーシングダウンジャケット  タイプ2 ホースハイド』
だと思います。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
ウエストライドの買取はこちらから。

イーストマンのA-2のイチオシ古着査定結果

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はイーストマンのA-2です。2009.12.21.400.jpg

このシールブラウンの色でA-2を完成する事により
イーストマン社はその復刻メーカーの長い歴史をスタートさせました。

特定のメーカーのA-2をモデルアップした物ではないが
イーストマンのA-2に対する熱き思い入れで制作された
A-2はイーストマン社の顔であり、現在も一戦で活躍する定番である。

また、リアルマッコイズやトイズマッコイはオーバースペックで豪華そのものです。
それとは逆にイーストマンはオリジナルに忠実に近いフライトジャケット
ではないでしょうか。

また、イーストマンはB-3等のフライトジャケットにも定評がございます。

ビンテージ(ヴィンテージ)好きに好まれているメーカーで
イーストマンの物づくりに対する生真面目さが伝わってくる一品でした。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
イーストマンの買取はこちらから。

ルイスレザー ライトニングのイチオシ査定結果

主任鑑定士の木下です。
本日はルイスレザーのライトニングが入荷致しました。

カラーはブラックで、フロントにライトニングジッパー
両袖にLジッパーが使用されております。
ライニングにはサテン地が使用されコンディションは数回着用程度でした。

2009.12.20.400.jpg

ここでルイスレザーの歴史について少しお話しさせて頂きます。

ルイスレザーズのジャケットにはベストグレードのカウハイドが使用されており

他社メーカーは生産効率を高める為、レザー自体が持つ味(キズ等)を
隠し加工するとうい事が常套手段ですが
ルイスレザーズはこの味を大事にし、あえて隠さないよう工場へ指示しております。

従って、外見は似ていても同じ革ジャンは2つとして存在いたしません。

マニアックなオーナーの方はその味をご理解した上、楽しんでいると思います。

また、レザーの繊維に防水加工が施されているため
モーターサイクルギアとしての性能も十分に備えたレザージャケットです。
しかし、完全防水ではございませんのでご注意下さい。

ライニング(LINING)は2つ存在し
キルティングが施されたレッドコットンか
ニットナイロンです。
※オーダーの際はどのジャケットにでもレッドコットンかニットナイロンを選べます。

ルイスレザーズの象徴的なディティールの一つであり
ブラックレザーとのコントラストを演出するレッドライニングは
1950年代よりジェットに用いられるようになりました。

現在のレッドキルティングは生地、ステッチカラーのリサーチをもとに
オリジナルに近い雰囲気、強度を持つ深みのあるコットンだと思います。

やがて、1970年代になると時代にニーズにあわせ
着用時の厚みを抑え、スタイリッシュに着用できるようにと
それまでレーシングスーツなどに使用されていたニットナイロンも
レザージャケットに採用されるようになりました。
また、上記の生地はスリーブライニングとしても長く使用されておりました。

現行の物は、当時と全く同じ生地で、より厚手のものを、耐久性、美しさよりチョイスしています。

INSIDE LABELS:
AVIAKITレーベルの歴史はかなり古く、現在より80年近く遡ります。

この造語の語源は
『AVIATION(飛行)』 と 『KIT(装備)』
2つの単語の組み合わせによって生まれ、当時のタグなどに使用されました。

現在までのデザインのAVIAKITレーベルには年代により数種類のパターンが存在し
60年代にはブラックAVIAKIT & レッドWING
70年代前半よりブルーAVIAKIT & レッドWING
70年代後半よりネイビーAVIAKIT & レッドWINGとなっていました。
90年代前半にAVIATKIレーベルが復刻された際は
白地にネイビーAVIAKIT & レッドWING

そして2007年前半まではブルーAVIAKIT & レッドWINGが使用されておりました。

その後、全てのジャケットパターンの見直しが行われた事を記念し
60年代当時のカラーバリエーション、ブラックAVIAKIT & レッドWING
復刻され発売されました。

OUTSIDE LABELS:
ルイスレザーズのレザージャケットを瞬時に判別できる
左胸に着くウィングパッチの登場は1960年代でした。

長方形のウィングパッチが60年代中頃よりレーシングスーツのチェストに
縫い込まれるようになり、1966年頃より革ジャンにも
そのウィングパッチが使用されるようになりました。

その後、ルイスレザーのスタンダードとなったこのディティールは
1970年代前半(73年頃)より長年親しまれている
現在のオーバルシェイプに辿り着きました。

ほとんど全種類のジャケットにオーバルパッチが付きますが
復刻の際に使用したヴィンテージジャケットに長方形のパッチが使用されていた名残で
現在ではスーパーモンザ、スーパーファントム、スポーツマンに
長方形のパッチが標準で使用されております。

オーダーの際はどのモデルにもオーバル、長方形のパッチをお選びいただけ
もしくはパッチ無しでもオーダー可能です。

パンクロックが世に席巻した時代、着用者は自分がブランドの広告塔になってしまうのを嫌い
パッチやタグが意図的に外された事もあったという事を噂で聞きました。

本日、ルイスレザーのライトニングを買取しましたが
画像のとおりシンプルで着用しやすので万人から愛されております。

もちろん、ライトニングは現在定番アイテムとして
大ヒットし、もはやルイスレザーの顔とも言えるでしょう。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
ルイスレザーの買取はこちらから。

ジョーマッコイ S906XHの古着査定結果

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はジョーマッコイ S906XHです。

旧リアルマッコイズの中でのジョーマッコイブランドとしてだされたジーンズです。

1999年にジョーマッコイが創立85周年という設定で作りだされたS906XHです。

1000本限定という超限定で当時の37,800円で販売されておりました。
2009.12.19.400.jpg

また、高額なデニムにもかかわらず、即完売した伝説のジーンズS906XHです。

906をベースに15オンスを超えるデニムに太目の綿糸で
縫製された凹凸の強い感じがマニアに受けました。

ディテールは
 刻印入りリベット
 UFO型刻印入り隠しリヴェット
 片面ネーム入りタブ
 アルミメッキフロントボタンフライ
 赤耳セルビッチ
 鹿革パッチとなっています。

私自身、ジョーマッコイの901や906を着用した事はございますが
901XH、905XH等のヘビーオンスのデニムは着用した事がございません。

私の知る人は、バイクを乗るときにレザーパンツの変わりにXHモデルを履くらしいです。

現在はレプリカデニム市場でヘビーオンスを販売しているメーカーが多いですが
ジョーマッコイは、はしり的に存在だったのかもわかりませんね!

現在はサムライジーンズのヘビーオンスが人気爆発しておりますね。
確かギネスに挑戦するとかしないとか・・・。

ヘビーオンスデニムはオーバースペックすぎてビンテージデニムとはもはや
かけはなれた世界になってきております。

その昔、ジョーマッコイのジーンズがリアルで販売されていた時、
その独特な色落ちがマニアの間では賛否両論でした。

激しい縦落ちはコーデュロイと勘違いする位に太い線で縦落ちします。
正直、初めて見たときはかなりびっくりしました。

レプリカジーンズは元来のヴィンテージジーンズに
どこまで近づけるかがコンセプトでした。

しかし、色落ち戦争が拍車をかけヴィンテージとは異質の色落ちをしているとも感じます。
私見ですが、フルカウントのデニムが実際のビンテージデニムと似た色落ちをすると思われます。

ジョーマッコイはジーンズマニアが異論を唱える一方
その激しすぎる縦落に対し、熱狂的なファンの支持も得た事も確かです。

色落ちという観点で見た場合、当時からリアルマッコイズは他のメーカーと
一線を画しておりました。

ジョーマッコイが消滅してしまった今でも根強いファンが多数存在し
ヤフーオークションで信じられないくらいの高値がついております。
私は10万円超えを見たこともございます。
 ※ヴィンテージデニムの501Eのデッドストックと同じくらいの価格です(笑)

特にXH:エクストラヘビーが印字されているジョーマッコイのジーンズは
どのロットでも信じられない値段で落札されております。
 ※但し、ワンショッシュしたとたん価格は急降下いたします。

私は今までレプリカジーンズの買取を幅広く手がけてきましたが
レプリカの世界でこれほどプレミアがつく事はあとにもさきのも
ジョーマッコイしかないでしょう。

それだけジョーマッコイがユーザーの心を鷲づかみしたとかという証拠です。
また、これだけファンから愛されていればメーカー冥利につきます。

今思えば、1997年にジョーマッコイがレプリカジーンズ界に本格参入してから
常にトップを走り続けていた事がヤフーオークションを通してわかります。

まさにキングオブデニムといえるでしょう。

現在はNYLON(ナイロン)が親会社となり、新生リアルマッコイズとして復活しております。

過去のジョーマッコイとは違ったコンセプトで何型かリリースされております。

新生リアルマッコイズのデニムも独自性が強く
ディテールにはかなりのこだわりをもっているのが容易にわかり
ジョーマッコイとは違った魅力を感じます。

・・・・・・・・

そんな伝説的ブランドのジョーマッコイが
2009年が復活いたしました。

温故知新、どのようにジョーマッコイが進化してくのかワクワクしております。


◆●◆●◆●◆●◆●◆●◆●◆●◆●◆●◆●◆●

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
ジョーマッコイの買取はこちらから。

ウエアハウス アラスカンダウンコート ダウンジャケット 古着査定結果

こんにちは!アメ吉の木下です。
本日の買取アイテムの紹介はウエアハウスのアラスカンダウンコートです。
最近は買取が忙しくブログも遅れ気味で申し訳ございません。

2009.12.18.400.jpg

妥協の無い物づくりはウエアハウスの昔からのスタイルです。

絶えず完成度の高い製品を作り続けている有名なブランド
ウェアハウスよりリリースされました1940年代の軍物の
ダウンジャケットを元に作られたアラスカンダウンコートです。
通称メロンパンとも呼ばれております。

アメリカ陸軍航空隊がアラスカなどの極寒地での着用を目的に開発し
わずか一年のみという短命に終わったB-7はあまりにも有名ですが
その時代に誕生した、機を降りた兵士がキャンプ内で着用する
ダウンジャケットを元に制作したダウンジャケットです。
クオリティはかなり高いです。

当時はベース内のPXなどで兵士に販売されていたようで
ミルスペックは無く、バウアーダウンタグが縫いつけられております。

バウアーダウンは世界で初めて衣料として
ダウンを使用したことで有名です。

その機能性はハンターや山岳探検隊だけではなく
米軍にとっても大きな活躍をみせました。

B-7は後にコットンシェルのB-9に後継されていきますが
そのB-9を手掛けたのがバウアーダウンです。

PXなどで地道にそのクオリティーの高さをアピールし
ついにB-9においてミルスペックを手に入れたと想像できます。

このダウンジャケットにはインナーシェルの仕様など
B-9に後継されていくディテールが多く見受けられます。
フライトジャケットとダウンジャケット、どちらの要素もかねています。

また、高い襟元を上まで閉めることにより外気を遮断でき
保温能力も抜群です。

フロントファスナーにはデットストックのTALON社製の
ジッパーが使用されております。

擦れやすい袖口から肘にかけてヘビーナイロンツイルを
使用した補強もこのジャケットの特徴です。

私見ですが、昔に製造されたと思われないくらい
スタイリッシュな出来に感動すら覚えました。

まさにミリタリー界のダウンジャケット王子です!

★★★★★★★★★★★★★★★★

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
ウエアハウスのダウンジャケットの買取はこちらから。

NIKE ナイキ エアジョーダン1 レトロの古着査定結果

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はスニーカー ナイキ エアジョーダン1 レトロです。
NIKE(ナイキ)
ブラック×ロイヤルブルー
品番:136066 041
付属品:箱、JORDAN(ジョーダン)カード、ジャンプマンキーホルダー 

2009.12.17.2.400.jpg

 

NIKE(ナイキ)の2001年に復刻されたシリアルナンバー付きの
AIR JORDAN 1 RETROです。

1985年に誕生して以来、エアージョーダンの人気は果てしなく続いております。
ここまで人気が下がらないスニーカーも珍しいです。

このカラーはジョーダン自身は公式戦では履いてません。

現在は、価格高騰の為、まず定価で買えないでしょう。
このモデルの人気はとてつもないものと言えるでしょう。

オリジナルも良いですが、中々コンディションの良いスニーカーに出会うのは困難です。

日本でもスニーカーと言えばナイキ(NIKE)がピンと来る方がほとんどだと思います。。

私自身もナイキのスニーカーが一番履きやすいです。

また、現在の若者達は週間少年ジャンプに連載されていた
スラムダンクの影響が強いと思いますが
以前の日本のバスケット人気はジョーダンによる影響が非常に大きくいものでした。

現役を引退した30~40代のバスケット経験者達は今でもジョーダンへのこだわりを
強く持っていると思われます。

競技のバスケットボールだけでなく、ストリートでもエアジョーダン(ジョーダンブランド)は
人気があり、ジャンプマンのゴロが街中でよく見られます。

また、その昔、エアジョーダンV(エアジョーダン5)を巡り
アメリカで殺人事件が起こった事もございました。

今にも後にもエアジョーダンを超えるスニーカーは出て来ないといえるでしょう。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
スニーカーの買取はこちらから。

エヴィス(EVIS)のスカジャン古着査定結果

アメ吉の木下です。
今日、紹介する買取商品は
YAMANE(エヴィス)×ドライボーンズ スカジャンです。
いわゆるWネーム物です。
しかもエビスとドライボーンズのダブルネーム物なのでかなりのレア商品です。

定価は税込み¥150,000位だと思います。
コンディションはUSED品でした。

2009.12.16.400.①.jpg

ドライボーンズはエヴィスやリアルマッコイズ等の高級レプリカメーカーに
属さないイメージがございますが
昔からスカジャンのクオリティはピカイチでした。

そのドライボーンズがボディを作り
デザインをエヴィスが手がけたのだと思います。
※あくまでも推測ですが・・・

刺繍も素晴らしく、値段もこれまた素晴らしい???です。

また、EVISらしく洒落っ気がありとても素晴らしい逸品です。

街中で着用していると目立つこと間違いなしです。

確か、色違いの黒を昔見たことがございますが
やはりエヴィスを着用するなら奇抜な色とセンスで着こなして欲しいです。

前オーナーさんもかなりのこだわりをもたれた方で
素晴らしい商品ばかり所有しておりましたが
月並みなものは1つもございませんでした(笑)。

また、エヴィスはフライトジャケットにも独自性がありものすごく面白いです。
エヴィスの素晴らしいところはA-2を作ろうが47モデル(リーバイスの復刻)を
作ろうが、EVISの個性が必ずでている所です。

最近のレプリカメーカーは似たようなモデルばかりですが
エヴィスだけは必ず個性が光っております(エビスの足跡のような・・・)。
また、そんなメーカーだから海外でもヒットしたのだと思います。

ヴィンテージ物を復刻させるだけのメーカーが多い中
遊び心を必ず忘れないのがマニアができる由縁だと思います。

また、価格が高価な為、中高生からは憧れの存在として崇拝されている
という噂もよく耳にします。

エヴィスのNO,1デニムは
ジーンズ(デニム)界のロールスロイスとも謳われております。
価格もNO,2デニムと比べ高額な為、3万円そこそこします。

また、最近ではYAMANEシリーズでおなじみの
『ワークブーツ』が人気向上中です。
何度か目にした事がございますが、かなりのクオリティで驚きました。

このスカジャンを着こなせる方はきっとハイセンスな方だと思います。
最近は私どもの住む南大阪にもEVISの専門店ができました。

エビスは海外でも日本でも人気があり、とても素晴らしいメーカーと思います。

以上、本日の一番商品 エヴィスのスカジャンでした。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
エヴィスの買取はこちらから。

ブートレガーズ チームスタージャケット イチオシ古着査定結果

こんにちは!アメ吉の木下です。
本日入荷したのはブートレガーズのチームスタージャケットです。
カラーはブラウンです。
定価は税込み¥165,900でコンディションは新品です。

元、リアルマッコイズのメンバーが立ち上げただけの事があって
とても素晴らしい出来になっております。

私自身が欲しいなと思いましたが、サイズが合いませんでした。残念!

月並みなアイテムばかりが出ているレプリカ市場で
他のメーカーと違い面白いアイテムを出し続けているブートレガーズは
私自身、とても好んでいるメーカーです。

やはりマニアックな物を作らせたら天下一品のブートレガーズです。
物自体も凄く良く、かなりのクオリティーです。

このジャケットを着用している限り街中でカブルことは無いと思います(笑)。2009.12.16.400.jpg

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
ブートレガーズの買取はこちらから。

バズリクソンズ B-2 のイチオシ古着査定結果

飛行士達を寒さから守る為のフライトジャケットとして
極寒地用に開発されたBシリーズ・・・。

B-2は1931年12月15日に採用されました。

B-2が採用される以前はつなぎ(カバーオール)が主流だったため
サイズで問題を生じることが多く、B-2の開発にあたりジャケットと
トラウザ-スとに分けて構成するスタイルとなりました。

2009.12.14.400.jpg

裏側は防寒性を高めるためのウール・モケットが張られており
非常に柔らかな着心地です。

大きな衿ボアはシープムートン(羊毛皮)製で
袖口部分はリブ仕様ではなくジッパー仕様になっております。

ジッパーは1930年代TALON社の前身会社である
HOOKLESS社製ニッケルジッパーを使用し
ラベルはバズリクソンズ・オリジナルラベル
ラベル上に付くハンガーループはチェーン製で
ウエストにベルトが付くのもこのモデルならではのディテールです。

その後、B-2は改良されタイプB-3へと引き継がれていきます。

フライトジャケットの中でもB-3は有名ですが
B-2はなかなかマニアックなアイテムで
ヴィンテージ市場では滅多に出てきません。

妥当な言い方かわかりませんがA-1とA-2のような感じと思います。

現在の所、私の知る限りでは東洋エンタープライズ(バズリクソンズ)しか
復刻しておりませんがリアルマッコイズやFEWあたりが復刻したのを見てみないです。

きっと、超オーバースペックな出来になり
高級感が漂うでしょう(笑) トイズマッコイだと特に・・・。

普段レプリカしか着用していない方はヴィンテージを見たらきっと驚くでしょう(笑)
レプリカほどの光沢はないですよ。

ヴィンテージにはヴィンテージの良さがあり
レプリカにはレプリカの良さがございます。

レプリカのフライトジャケットの代表格であるバズリクソンズが作った
B-2はかなりの人気ですぐに完売してしまうらしいです。
定番で販売されていないのも、品薄になる原因と思いますが。

バズリクソンズのB-2を見かけたかたは是非一度試着してみましょう。
きっと素晴らしさが伝わると思います。

 当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
バズリクソンズの買取はこちらから。
 

ショット SCHOTT ボンバージャケット/174US イチオシ古着査定結果

こんにちは!アメ吉の木下です。
本日の買取アイテムの紹介は ショット(SCHOTT)の
「BOMBER JACKET」ボンバージャケット/174USでです。

フライトジャケットのB-10とよく似ておりとてもスタイリッシュな1着です。
肉厚のウールメルトン製でとても温かいです。
ライダースジャケットと言えばショット
革ジャンと言えばショット・・・というだけの事を感じさせてくれる1着です。

細身のシルエットですが着用するととても重量感を感じます。

襟と裏地は暖かいボアがついており保温性はとても良く真冬には重宝されます。
また、このボア部分は取り外し可能で実に使い勝手が良いです。

だれがこのジャケットのオーナーとなるのでしょうか?
大事に使用すれば一生物になります。
ショットの素晴らしさを改めて感じさせて頂きました。

2009.12.13. 400.jpg

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
ショットの買取はこちらから。

バンソン Bシングルライダース VANSON の古着査定結果

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はバンソンのBシングルライダースジャケットです。
スタンド襟のシングルライダースでフロントの胸にファスナーポケットがあり
左右の下にファスナーポケットがあります。

バックは腰のアジャストベルトのみというスッキりとした外観が特徴でスタイリッシュです。

内側はレーヨンライニングで、右身頃に内ポケット
下からの風防止の為、左右下部のサイドにバックル付きベルトが着いていて
自分のサイズに調整可能です。

また、最大の魅力は何と言ってもキレイなシルエットです。
ここまで綺麗な革ジャンも珍しいと思います。

長めにデザインされたのには理由があり
着丈走行時の風の進入を防止の為です。
また、体のラインに沿うようにシェイプされたラインも
バイク走行時の空気抵抗を減らす為にほどこされております。

デザインと機能兼備されているのがバンソンのBシングルライダースジャケットです。
当店ではBシングルライダースジャケットにかなりの力を入れております。

まずは無料査定のみでも楽しんでください。

2009.12.13.400.jpg

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
バンソンの買取はこちらから。

リアルマッコイズ A-2 ヒルツモデル V.HILTS MODEL 古着査定結果

こんにちは!アメ吉・主任鑑定士の木下です。
本日の買取したアイテム、リアルマッコイズのA-2のヒルツモデル(V.HILTS MODEL)です。
カラーはシールブラウンでフロントはタロンジッパー使用。
新生リアルマッコイズ第一弾のマックィーンA-2です。
リアルマッコイズファンブックに掲載されているものはこれの次にリリースされたものであり、新生リアルマッコイズ創生期のモノクロのカタログにのみ掲載されているレアアイテムです。
私も始めてお目にしました。
定価は¥168,000でコンディションは新品です。
リアルマッコイズのA-2の中でもヒルツモデルは特に高額買取しております。
他にもカスタム物やバックペイント物や限定物の買取には定評がございます。
宜しければ無料査定だけでもお試し下さい。

本日、大阪は雨が降っており天気が悪いです。
寒くなってきましたが、風邪等をひかないように気をつけて下さい。
400-2009120900001[1].jpg

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
リアルマッコイズの買取はこちらから。
 

レッドムーン ナンバーワンレザーズ Wライダース 古着査定結果

こんにちは!アメ吉の木下です。
そろそろ本格的に寒くなってきましたね!
今日の買取アイテムの紹介はレッドムーンの(ナンバーワンレザーズ) Wライダース です。
カラーはブラックです。鹿革使用で滅多に出て来ないジャケットです。
着脱可能なライナー付きで、ライナー単体でも着用可能ですが実際に着用するのには勇気がいりますね(笑)。
定価は約20万円でかなりの高額なジャケットとなります。
 

RM-400.jpg

 当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
レッドムーンの買取はこちらから。

THE FEW ザ ・ ヒュー A-2 バックペイント イチオシ古着査定結果

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はTHE FEW(ザ ・ ヒュー)のA-2です。
カスタムキングでカスタムされた物です。
カラーはラセットブラウンです。フロントにクラウンジッパー使用。
J.A.ドゥボウ社の実名復刻ラベル使用。赤リブです。
MADE IN ニュージーランドです。
コンディションは試着程度です。 
 

555x600-2009120300022[1].jpg

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
THE FEW(ザ ・ ヒュー)の買取はこちらから。
 

ベルスタッフのパンサージャケットの古着査定結果

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日はベルスタッフのパンサージャケットを買取ました。
寒~い日にHOTな革ジャンを見れて嬉しかったです。

カラーはアンティークレッドでハンガーが付属品として付いています。

元々USED加工(アンティーク加工)が施されています。

もちろんMADE IN ITALYです。

定価は税込み¥170,000位です。
コンディションはUSED品ですが程度は良好でした。

2009.12.17.400.jpg

1970年代に人気が爆発したベルスタッフのパンサージャケット
の完全復刻された商品です。

本来の素材と製法によって作られたパンサージャケットは
こだわりの一品で、オリジナルモデルを忠実に再現されております。

デザインは細身で、タイトフィットするような感じです。
いかにも欧米人が似合いそうなレザージャケットです。

ベルスタッフはレザージャケットの製造にかなり精通しており
1930年代からパンツやジャケット作りを続けております。

レザー製品についても、素材の撥水性を重要視し
以前は油脂をコーティングしておりました。

しかし現在では、なめし加工の技術が上がりその役割を果たしております。

また、バイク運転時に転倒した際、ライダーが十分保護されるよう
レザーの厚みは1mm以上ございます。

また、スリー・クォーターのミドル丈のシルエットで
クローズドフィットのシルエットから表現される美しさは
半世紀以上経った現代でもハイエンドなスタイルとして映し出されております。

外観は、自然に着込んだような風合いにアンティーク加工が施された
極上品のレザーの表地で
コットンタータンのライニング
チンストラップ付きのスタンド
カラーとスタッド付の袖口はコットン・コーデュロイです。

防錆のWジッパーと裏面にさりげなくBelstaff(ベルスタッフ)の
刻印があるスタッド、シームは全て太番手のスレッドでダブルソーイング
防水の為折り返しをもうけたフラップ付4個のフロントポケット
右のチェストポケットフラップ裏にBelstaff(ベルスタッフ)の
ロゴパッチと当時のディティールを忠実に再現されております。

ここまで忠実に再現されているとは思いませんでした。

また、ベルスタッフは日本ではあまり知られていないメーカーですが
欧米ではセレブ御用達のメーカーで
ハリウッドではトムクルーズやブラッドピットなど有名人が好んで
着用しております。

ミッションインポッシブルや宇宙戦争でトムクルーズが
ベルスタッフのジャケットを着用していたのが鮮烈に覚えております。

宇宙戦争ではライダースジャケット(革ジャン)を着用しておりました。

私自身もライダースジャケットを着用したいのですが
純日本人体系なので・・・。・・・

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
ベルスタッフの買取はこちらから。

アヴィレックス B-3 アビレックス イチオシ古着査定結果

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はアヴィレックス(アビレックス)のB-3です。

2009.12.07.400.jpg

 

老舗フライトジャケットメーカーのAVIREXのB-3です。

このカラーは定番で、着用するほどに味が出てきて
ジーンズとの相性は抜群に良いと思います!

左胸のワッペンは牛革で「AVIREX LTD」とロゴが記載されており
コピー防止の対策として付けられています。

表面は柔らかいシープスキンにコーティングが施されていており
羊毛でできたボアは肉厚で、袖の裏から裾の裏まで全て裏地はボアとなっております。

従って、真冬の走行時に着用される方にオススメの品です。

実際の話、アビレックスのB-3は説明が不要なくらい
メジャーなフライトジャケットです。
多くの芸能人や有名人が着用しているのを見ました。

また、その品質の良さで幅広い層から絶大な支持を受けており
高い完成度で作業を行う爆撃機搭乗員用に開発されたこのモデルはシープスキンを
使った最も防寒性の高いモデルで通称ボマージャケットと呼ばれております。

アビレックスならではの上質なムートンは肌触りが良く
ジッパーを首まであげてベルトを締めることでさらに防寒性は上がり
これさえあれば真冬でもインナーはTシャツ1枚でも大丈夫です。

まさに最強のアウターウエアーといえるでしょう。
キングオブフライトジャケット それがB-3です。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
アヴィレックスの買取はこちらから。

スカジャンのイチオシ古着査定結果

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はスカジャンです。 

2009.12.06.400.jpg

スカジャンは「ヨコスカジャンパー」の略名です。
※多分、みなさんしっていると思いますが・・・(笑)。

戦後間もない頃、パラシュートの材料に使うサテン生地でジャケットを作り
東洋イメージの刺繍を施して米兵達が本土で暮らす家族への
お土産にしたというのがスカジャンの始まりです。

素材はサテンまたは別珍というのがスタンダードな形です。

鷹、虎、龍というデザインは当時から現在まで変わらぬ定番の刺繍柄です。

他にも舞妓や髑髏や鯉など日本をイメージさせる
デザインが豊富に存在し、大変人気がございます。

特に『東洋エンタープライズ』社のスカジャンの人気が高いです。

東洋エンタープライズ社より『テーラー東洋』というブランドネームで
スカジャンは発売されております。

スカジャンといえばテーラー東洋
テーラー東洋といえばスカジャン
と言っていいくらいアメカジ業界の中では老舗中の老舗です。

特にテーラー東洋のスペシャルエディションは人気が非常に高く
表示ラベルの表記方法も独特なものがあります。

通常のサイズ表示はXS~XLで表示されますが
テーラー東洋のスペシャルエディションのスカジャンのサイズ表示は
小や大といった漢字で表現されるのが大きな特徴です。

また、テーラー東洋のスペシャルエディションのスカジャンは
プリント柄が入った物が多数存在いたします。

テーラー東洋はスペシャルエディション以外でも『M品番』と呼ばれる
旧モデルがヤフーオークションで高額売買されております。

また、当店で一番高く落札されたのがHINOYA(ヒノヤ)さんより昔に発売された
赤虎モデルの特大サイズでした。
中古だというのにもかかわらず20万円弱で落札されました。

また、同時に同モデルの小を新品で出品しましたが6~7万円程度でした。

つまり、サイズにも付加価値がつくという事です。

スペシャルエディションは多少小さめに作られている為
特大=L程度の大きさになります。

従って特大に異常な程のプレ値がつくという事です。

現在でも、5~6年ほどに発売された硫黄島の新品の特大でしたら
ヤフーオークションでも8~10万円程度で売れると思います。

また、テーラー東洋で他にプレミア価格で取り引きされ入る物は
HINOYA別注品やシェビーラバー等です。
また、全体的に髑髏(ドクロ)等の和柄は高値で売買されております。

シェビーラバーは、かの有名なロック歌手の氷室京介(ヒムロック)が着用したことで
一気にブレイクしました。

BOOWY世代が余裕をもって衣類を購入できるようになってきた証でしょう(笑)。
一度だけ、『すき家』でシェビーラバーを着用している人見ました。

一般的にテーラー東洋のスカジャンは
中綿なしで約3万円程度
中綿ありが4万円程度と比較的に購入しやすいです。
※但し、スペシャルエディションになると一気に6万円近くまで上ってしまいます。

また、エヴィスのスカジャンやドライボーンズのスカジャンやウエアハウスのスカジャンは
少し定価が高くなります。
※エヴィスは何故かドライボーンズとのWネーム物が多いですね。

また、ブートレガーズやリアルマッコイズのスカジャンとなると定価が一気に上ります。
なんと1着のスカジャンが17万円位までします。

今までスカジャンを履いて捨てるほど見てきましたが
リアルマッコイズのスカジャンの『明仙縫製』は別格でした。

クオリティは世界で1番と言えるでしょう。
価格も1番とまではいかなくても、かなりのものでしょうね(笑)。

17万円もするスカジャンを誰が買うのか・・・と思いますが。
それが好きな人間は買うのですね~。

私自身、そんなリアルマッコイズの一切妥協しない物づくりにはリスペクトしております。

日々、買取をしているとそのメーカーの縫製レベルが見えてくるものです。

リアルマッコイズは全ての商品に関してかなりの高いレベルで
検品を行っているのがヒシヒシと伝わってきます。
そうゆうメーカーって良いですよね。
ただ単に売れそうな物を製造し儲かれば良いというメーカーが多い中
こだわりをもって作っているからこそ、根強いファンが多いのでしょう。

また、リアルマッコイズのB品はネームタグにマジックで線引きされておりますが
えっ、どこがB品なの・・・と思うくらいクオリティが高いです。

そんなリアルマッコイズがスカジャンを作ったのだから必然の結果でしょうね!

また、スカジャン自体、ものすごくデリケートなアイテムなので
すぐに汚れやシミ、また、ステッチのホツレなどが発生してしまいす。

従って、ネットオークションなどでは慎重に販売しないと
直ぐにクレームがきます。

最近では落札者の検品レベルもものすごく高いですからね(笑)
正直、店頭で購入する人の10倍以上の検品レベルだと思います。

実物を見ないでバーチャルで購入したら、到着した物が全てになるので
仕方が無い事だと思います。

また、写真撮影もリバーシブルなので4面撮影しないといけないので・・・
手間がかなりかかります。

お客様でタンスの肥やしになっているようなスカジャンがございますれば
是非、次のオーナー様へ橋渡しをさせて頂きたく思います。

当店ではスカジャンを高額買取しております。
ご不要になられた物があれば一度、無料査定でもして下さい。
宜しくお願い致します。

ノースフェイス メトロダウンジャケットの古着査定結果

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はノースフェイス メトロダウンジャケットです。
2009.12.05.400.jpg

 カラーは迷彩です。フードは着脱可能です。
ゴールドウィンの国内正規品です。
定価は税込み¥60,900です。
コンディションは新品です。

現在入手できる最高グレードの900フィルパワー・グースダウンを
クラス最軽量の生地パーテックスRカンタムで包んでおります。

高い保温性を持ちながらも、非常に軽量なので動きやすいです。
また、フードは便利な取り外し式となっております。

内側にはミュージックプレイヤー用ポケット付いており
温か過ぎるときにはファスナー式のサイドベンチレーションを
開けば問題ございません。

今年の冬は寒いので温かく包んでくれること間違いなしです。

私自身、ノースフェイスのメトロダウンジャケットを2着もっておりますが
どのダウンジャケットよりも着用しやすく感じます。

メトロダウンジャケットは高額なダウンジャケットですが
見合った機能をもっているとつくづく感じますよ。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
ノースフェイスの買取はこちらから。

デュベティカ ベガ イチオシ古着査定結果

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はデュベティカ  ベガ です。

2009.12.04.400.jpg

デュベティカ  ベガ
カラーはボルドーです。
コンディションは数回着用程度です。

フランス語でダウンを意味するDUVETと
イタリア語で「倫理・道徳」」を意味するETICA

ふたつの言葉を組み合わせて誕生したDUVETICA(デュベティカ)は
伝統的なヨーロッパの文化的風土や物作り
現代的感性を融合させたメーカーとなっております。

デュベティカの使用するダウンは南フランス全域の限られた
エリアでしか飼育されていないグレイグースダウンを使用しており
さらにグレイグースダウンを4種類に分別し
その中の最も軽い最高品質のグレイグースダウンを
ダウン90%、スモールフェザー10%をブレンドした
黄金比によって製品化されていきます。

最先端のファブリックの使用、縫製はヨーロッパ内でダウンジャケットにおける
最高レベルの技術が保証された工場を選択しております。

ダウンの原料や縫製には徹底して妥協を許さない一方
デュベティカは現代のファッションとしてのデザイン性もさることながら
全体的にタイト目に設計されたサイズ感は抜群の着心地と
フィット感を味わうことができるダウンジャケットです。

ファーの付くVEGA(ベガ)のデザインのポイントは
フードに付くリアルファーと袖口、裾のシャーリングです。

毛足の長いRacoon Fur(狸の毛)は高級感があり
これもまたベガの特徴と言えるでしょう。

また、ベガはシャーリング部が表に出ていないので袖口、スソともに
スタイリッシュなデザインになっています。

表地には優しい適度な光沢の柔らかな生地が使われています。

もちろん中身はフレンチグレイグースダウンを使用しています。

また、デュベティカ人気に火をつけたのが
なにをかくそうこの『VEGA(ベガ)』です。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
デュベティカの買取はこちらから。

ホワイツビル スタジャン イチオシ古着査定結果

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はホワイツビルのスタジャンです。

2009.12.03.400.jpg

永遠のカレッジアイテムのひとつスタジアムジャンパー通称:スタジャン。
スタジャンは和製英語で、アメリカでは主に学生がスポーツの大会や試合等に出場し
優秀な成績を納めた者だけが着用出来ることからアワードジャケットや
レターマンズジャケットやヴァーシティジャケットと一般的に呼ばれております。

ブランド名のホワイツビルは、もともとスポーツウェアやアンダーウェアを
扱うメーカーで1950年代にアメリカの大手百貨店の通販などでも
一部扱われておりました。

当時のホワイツビルは、現在のスタジャンのようなスポーツジャケットも少量手掛けており
その作りはアンダーウェアのような日常着同様頑強でした。

現在のホワイツビルはその作りだけに限らず
素材やパーツに至るまで余す事なく受け継ぎ
シニール(フェルト地にパイル状で仕上げられたワッペン)等の
デザインは独自の発想をもとに現代に蘇らせている。

ホワイツビルのスタジャンは他のスタジャンメーカーと同額の商品と比べても
クオリティはかなり高く、着用は勿論のこと
コレクトされていることも多々ございます。

従って、ホワイツビルはクオリティに対して安い価格で提供していると思われます。

本来でしたら8~10万円程度するくらいのクオリティはあると思います。

そんなホワイツビルをどこかで見かけたら一度手に触ってみてください。

ホワイツビルはお勧めできるメーカーの1つです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
ホワイツビルの買取はこちらから。

ウエスコ WESCO ボス カスタム エンジニアブーツ の古着査定結果

こんにちは!アメ吉の木下です。
本日の買取アイテムの紹介はウエスコ(WESCO) のボスです。

2009.12.02.400.jpg

ウエスコ ボス カスタム エンジニアブーツ
カラーはブラックです。
ソールはビブラムソールです。箱付きです。
定価は税込み¥130,000位です。
コンディションは新品です。

WESCO(ウエスコ)は、熟練職人のハンドクラフトによる155の生産工程により出来上がります。
高品質と高機能へこだわり、型崩れを防ぎながら土踏まずを保護してくれます。

また、足への負担を軽減するために、あえて製造に手間のかかるスティールシャンクを
他のブーツメーカーに先駆けて採用するなどし、安易な大量生産は一切していないメーカーです。

1918年から変わらないクオリティー最優先の姿勢が
創業当時より多くのハードワーカー達に愛され、また、バイカーの足元も支えております。

また、ウエスコのボスはタフな外見とは裏腹に、良質な革素材のおかげで履き心地の良さ(柔らかさ)が
大変素晴らしいです。
そこがWESCO(ウエスコ)BOSSの人気の秘密です

他のメーカーと比べると値段は高額ですが、他メーカーとは確実に一線を画す
ウエスコならではの重厚さが最大の魅力と思います。

エンジニアブーツで差をつけたいならウエスコが断然お勧めです。

また、ウエスコはカスタムができるので自分だけのオリジナルの一足を作れるのも大きな魅力です。
ソールの張替えを明確に行えば一生物のブーツとなってくれるでしょう。

今まで色々なエンジニアブーツ見てきましたがウエスコのボスが一番カッコイイと思います。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
ウエスコの買取はこちらから。

モンクレール・ロッド(ROD)のイチオシ古着査定結果

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はモンクレール・ロッド(ROD)です。 

2009.12.01.400.jpg

モンクレールのロッドはロダンをスリムにしたモデルです。

中綿は芯のあるフェザーを一切使わず、最高品質のダウンのみ使用し
ダウンルーフ加工(袋状に包み込まれた別縫製)がダウンの飛び出しを防いてくれます。
この辺が安物のダウンジャケットとの違いを見せ付けております。

ロッドの注目すべき点は、内部にリュックの様なストラップを配備している事です。
わかりやすく言うと、脱着時にストラップを使用すれば背中に背負う事が出来る
機能的がついております。
フードにはラクーンファーを使用し高級感タップリです。

全身モデルのロダンとの違いは、スリム化しショートにアレンジされた事です。

また、シャイニーナイロンを使用しに腕のポケット&ワッペン、胸の縦ポケットなど
ROD(ロッド)の人気は色々な所にございます。

こちらの色は一番人気のシャイニーブラック(999)です。

みなさんモンクレールのロッドを見かけたら是非試着して下さい。
実際に着用してみるとモンクレール ロッドの良さが体感できます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
モンクレールの買取はこちらから。

レッドウィング(RED WING) 8165 黒 プレーントゥ 古着査定結果

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はレッドウィング 8165 黒 プレーントゥです。

2009.11.12.400.jpg

1905年創業のRED WING(レッドウィング)。

約1世紀に渡りブーツを作りつづけてきた、日本で1番有名なブーツメーカーと言っても過言ではないでしょう。

1998年にレッドウィング社がアイリッシュ セッターをハンティングブランドとして
レッドウィングから独立させたことにより、このモデルはレッドウィングブランドの1モデルとなりました。

8165はブラッククロームレザーという程よく光沢感のあるレザーを使用し
シューレースの上部3つはホールではなくハト目フックになっているのが非常に特徴的です。

レッドウィングに関しての説明はあまり必要ないと思いますが
長い間支持され続けているだけのことはあり、機能美というカッコよさは勿論
ブーツとしてのシルエット、質感は、流行が時代とともに変化しても
どんなスタイルにも合う不思議な魅力があるブーツです。

また、新品の時のカッコよさと、履きこんでいい風合いになってからのカッコよさの両方存在し
ミンクオイルなど塗りこんで、自分の足になじませていく楽しさも味わえます。

さらにメンテナンスさえ厳格に行いソール交換をすれば一生物となってくれるでしょう。

この8165はキムタクが履いた事で一気にブレイクしました。
赤味レザーの8166をベースに1995年に登場した日米共同企画モデルREDWING(レッドウィング)8165。

オールドプレーントゥモデルである「776」も同様、シューレースホールの上部3つがフックになっております。

また1985年から僅かの期間のみに作られたチョコレートブラウンの
コレクティッドグレインレザーを使用したモデル8165の品番をそのまま受け継いでいるという変わった歴史がございます。

スタイリッシュさで言えば8165はレッドウィングのブーツの中でも白眉クラスでしょう。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
レッドウィングの買取はこちらから。

レッドウィング 8875 赤茶 アイリッシュセッター イチオシ古着査定結果

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はレッドウィング 8875 赤茶 モカシン アイリッシュセッターです。

2009.11.11.400.jpg

レッドウィング875(8875の前進モデル)はレッドウィングの歴史であり
さらには世界のワークブーツ史を語る上で決して欠くことのできない名作です。
また、50年以上に渡って生産されているロングセラー商品です。

このオロ・ラセットレザーは誰もが一度、履いてる人を見かけたことがあるのではないでしょうか。

レッドウイングの火付け役の875の後継モデルが、こちらの8875です。

90年代の8875は犬タグから始まりました。

深みのある赤茶色は経年変化を楽しめ、ジーンズ感覚で色落ちが楽しめます。

また、ソールの張替えも可能なのでメインテナンスさえ厳格に行えば一生物となってくれます。

現在、レッドウィング、アイリッシュセッターの代表格といえば8875でしょう。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
レッドウィングの買取はこちらから。

レッドウィング 8166 赤茶 プレーントゥ 犬タグ 古着査定結果

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はレッドウィング 8166 赤茶 プレーントゥです。

2009.11.10.400.jpg

レッドウィングの中でも定番的モデルとして現在でも人気を呼んでいる8166モデル。

8166はレッドウィングの顔的素材と知られているオロ・ラセットと呼ばれている
赤茶のレザーを使用しております。

また、グッドイヤー・ウェルト製法なのでステッチが外観に露出しております。

つま先にまったく飾りがなくシンプルなデザイン且つ
1枚革で仕立てられている為、プレーントゥは本当に綺麗なワークブーツです。


ここで少しグッドイヤーウェルト製法についてお話しさせて頂きます。

もっとも複雑で重厚なコンストラクション(ブーツ作りの製法のこと)。
1870年代にチャールズ・グッドイヤーが考案したものです。

アッパーと中底(ミッドソール)を合わせ、ウェルトと呼ばれる細い革帯とともに縫い合わせるのが特徴です。
さらにこの中底にアウトソールが縫い付けられております。

頑丈で安定感がございますが手間暇がかかる為、高級靴にしか採用されておりません。

コバと呼ばれる張り出し部分にステッチが露出しているのが外観上の特徴です。

また、通称:グッドイヤーウェルト製法とも呼ばれています。

もちろん レッドウィング プレーントゥ 8166 赤茶 もこの製法で作成されております。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
レッドウィングの買取はこちらから。

レッドウィング 8275 ビームス(BEAMS)別注 イチオシ古着査定結果

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はレッドウィング
8275 ビームス(BEAMS)別注 エンジニアブーツです。

2009.11.09.400.jpg

 

レッドウィング 8275 
カラーはホワイト
MADE IN USAです。箱付き
定価は税込み¥38,745

限定(BEAMS別注)モデルの為、現在は激レア品となっており
ネットオークション(ヤフオク)でも高値で取り引きされております。

ビームス(BEAMS)別注品はほとんどが人気爆発で
プレーントゥの黒スウェードなど色々とございます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
レッドウィングの買取はこちらから。

レッドウィング 8169 ペコス ブーツ イチオシ古着査定結果

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はレッドウィング 8169 ペコスです。

2009.11.08.400.jpg

ここでペコスブーツのその名の由縁をお話しさせて頂きます。

元々はアメリカ南部のペコス川周辺(ニューメキシコ州からテキサス州辺り)の
農夫達に履かれていた農作業用靴が始まりとされるこのペコスブーツです。

その農作業用靴をより履き易く仕上げたのがレッドウィングのペコスです。

誘導する時の乗馬に適した高いヒール、鞍にブーツを引っ掛けないためのシューレースを省いた
デザインなど、リリース当時からアークギアとして高い完成度を誇っておりました。

ペコスブーツが誕生したのは1953年です。

レッドウイングを代表するこのトラディションモデルは、現在も昔と変わらない
グッドイヤーウエルト製法で1足1足丁寧に作られております。

現在、ペコスブーツは様々なメーカーが取り扱っておりますが
本当にペコスと呼べるのは、RED WING(レッドウィング)だけだと思います。

是非、本物だけがもつ最高のクオリティを味わって欲しいです。

また、プルオンタイプですが履き口の開口も広く履き易く実用的です。

靴自体のスタイルも非常にシンプルな為、様々なファッションに合わせ易く
カジュアルシーンで活用される事で今や広く認知されている逸品です。

数あるペコスブーツの中でも8169はスタイリッシュなカラーなので人気が高いです。

レッドウィングのペコスブーツをお試しあれっ!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
レッドウィングの買取はこちらから。

レッドウィング スウェード 8167 プレーントゥ 緑タグ 古着査定結果

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はレッドウィング 8167 プレーントゥ 緑タグ スエードです。

2009.11.07.400.jpg

レッドウィング赤味レザーの8166をベースに1995年に登場した日米共同企画モデルです。

同じ年にリリースされたブラックレザーの8165がハト目の上部3つがフックになっているのに対し
こちら8165(スウェード)は全てホールとなっております。

また6インチプレーントゥアイリッシュセッターの中では唯一
ワイズがEなので足幅の広めの方にはありがたい1足です。

つま先部分に切り返しや縫い目がないシンプルデザインのプレーントゥです。

そのつま先のカーブたるや本当に美しく曲線美が最大のウリとなっております。

スマートなデザインはアイリッシュセッターに勝るとも劣らない人気がございます。

ソールには人気のホワイトソール(トラクショントレッドウェッジソール)を採用しております。

比較的軽量でクッション性に優れており、磨り減ったらソール交換もできるので安心です。

レッドウイングの初心者の方でも気楽に楽しめるブーツだと思います。

また、6インチ丈のシンプルなプレーン・トゥのブーツは
レッドウィング創業当初から代表するモデルでした。

ゆったりと足をつつみ込むような木型に、くるぶしを柔らかくホールドする
ワンピース・クォーター(一枚革の腰革)は時代を超えて受け継がれ磨かれ
現在ではレッドウィングの定番となっております。

レッドウィング プレーントゥ 8167は名作と呼べるでしょう。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
レッドウィングの買取はこちらから。

レッドウィング 8173 アイリッシュセッター スウェード 羽根タグ 古着査定

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はレッドウィング 8173 スウェード 羽根タグ です。

2009.11.06.400.jpg

1989年にリリースされた日米共同企画のアイリッシュセッター。
丈夫で柔らかなベージュスウェード地を採用。

ブラックレザーの「8179」と共に日本中に「アイリッシュセッターブーム」を巻き起こし
現在もなお、根強い人気のモデルです。

アッパーはスウェードで、ソールは従来通のホワイトソール(クレープソール)を使用しています。

このレッドウィング8173は同レッドウイングからUSA限定で発売されている【2879】と
非常に似ており、違いはシューレースを通す金具がシルバーメッキになっているぐらいです。
※(ちなみに2879はクロームメッキです)

このスエードレザーはスムースレザー等の表革と比べて柔らかいのが特徴で
この履きやすさがタウンユースに最適なのではないのでしょうか?

勿論、数あるアイリッシュセッターの中でも人気がある1品です。

ここで簡単にレッドウィングの歴史についてお話しさせて頂きます。

RED WING(レッドウィング)
1905年 チャールズベックマンと14人のメンバーは一軒の靴工場を建てました。
これがレッドウィングブーツの誕生でございます。
クオリティの高さと機能的なデザインは大評判を呼びレッドウィングの名は
アメリカ中に広まり注文が殺到するようになった。

現在もワークブーツと言えばレッドウィング レッドウィングと言えばワークブーツと言えるでしょう。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
レッドウィングの買取はこちらから。

レッドウィング 8179 犬タグ アイリッシュセッター 古着査定結果

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はレッドウィング 8179 犬タグ アイリッシュセッターです。 

2009.11.05.400.jpg

こちらのレッドウィング アイリッシュセッター 8179は販売当時、通称黒セッターと呼ばれ
今なお根強い人気がございます。

1995年に発表されたこのモデルは、RW-875を基本にエンジニアブーツ用の
黒アッパーを用いた日本別注モデルでした。

販売当時はもの凄い人気で新品なら8万くらいのプレミアム価格がついておりました。

正規店でレッドウィング 8179 アイリッシュセッターを予約すると
約5年待ち(笑)という時代もございました。

ここで少しレッドウィング・アイリッシュセッターの歴史についてお話しさせて頂きます。

レッドウィングの歴史というより、世界のワークブーツを語る上で決して欠くことのできない名作です。

つま先に空間を持たせるためのモックトゥ・クッション性に優れた白いトラクショントレッドソール
くるぶしまで覆う6インチ丈が印象的でスタイリッシュなワークブーツです。

当初、ハンティングブーツとして開発されました。

しかし軽快な履き心地の一方でハードな環境にも耐えうるタフなスペックを持ち合わせていたため
その後はワークブーツとして定着していきました。

現在では8179はタウンユースとして履かれている事がほとんどです。

製法はこだわりの「オールアラウンド グッドイヤーウエルト製法」。

もちろんソールのリペア修理も可能です。
1950年の誕生から今日まで、半世紀以上に長きに亘って愛され続けている
レッドウィング アイリッシュセッターです。

ブーツが苦手だと言う方でも、レッドウィングのアイリッシュセッターは履きやすくスタイリッシュ
なので、機会があれば是非8179を装着してみてください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
レッドウィングの買取はこちらから。

レッドウィング 875 アイリッシュセッター 赤茶 半円タグ 古着査定

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はレッドウィング 875 赤茶 半円タグです。
2009.11.04.400.jpg

レッドウィング社は1905年の創業時から現在までハードワーカーより高い評価を得ております。

こちらのブーツはレッドウィングの代表作であるアイリッシュセッターです。

各種、色は多数ございますが日本でレッドウィングと言えばまず
赤茶色を思い浮かべる人がほとんどではないでしょうか?

875の履き心地は抜群でワークブーツとして完璧な逸品と言えるでしょう。

レッドウィングの875 アイリッシュセッターが流行りだしたのが
1994年ごろの事でした。

火付け役は藤原ヒロシ氏で、雑誌で一言いえば爆発的なセールスを記録しました。
それに伴い、レッドウィング 875の知名度もぐんと上りました。

現行の物は羽根タグですがこの頃のレッドウィングのブーツは全て半円タグ(半円緑タグ)でした。

1996年頃になって赤茶から本来の薄茶へと変わっていきました。

その際に赤茶カラーは新たに品番が8875として販売されました。

現在でもレッドウィング875及び8875は薄茶色より赤茶色の
アイリッシュセッターの方が人気がございます。

理由は、経年変化をする為、自分自身のオリジナルのブーツとなってくれるからです。
私自身、赤茶色を新品より履いておりましたが、履くたびに靴下が赤茶色になりました(笑)。

また、ソールの張替えも可能なので一生物として考えて良いでしょう。
但し、メンテナンスはキチッと行うのが前提ですが・・・。

リーバイスを代表するのが501なら
レッドウィングを代表するのは875だと言っても過言ではないでしょう。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
レッドウィングの買取はこちらから。

レッドウィング RED WING エンジニアブーツ 2268 PT91 古着査定

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はレッドウィング エンジニアブーツ 2268 PT91です。

2009.11.03.400.jpg

現行の2268の物よりもPT91タグはベルトが下についており人気モデルです。

また、レッドウィングのエンジニアブーツの中でも、2268は最もスタンダードなモデルであり
ロングセラー商品となっております。

しかし、革が非常に硬いので購入当初は足をとおすのにとても時間がかかります。

また、防水加工を施したアッパー、アンクルを確実にホールドする極太のベルト
衝撃から足先を守る肉厚のスチールトゥ、対油仕様のアウトソールが特徴で
屈強な作りになっておりソール交換も可能なのでメインテナンスさえしておれば
一生物と考えて良いでしょう。

レッドウィングのエンジニアブーツはタウンユースだけではなく
バイカーなどからも幅広く支持されております。

レッドウィングの 永遠の定番アイテム エンジニアブーツ 2268 です。

履いた事の無い人は是非、レッドウィングのエンジニアブーツを一度履いて下さい。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
レッドウィングの買取はこちらから。

レッドウィング 8268 PT91 スウェード エンジニアブーツの査定結果

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はレッドウィングの8268 PT91 スウェード エンジニアです。

2009.11.02.400.jpg

レッドウィング8268スエードエンジニアブーツになります。
PT91タグの特徴はベルト位置は低くバックルは薄く反り返っております。

現行モデルより革質の良くネットオークションでも高値で落札されております。

また、レッドウィングの8268 PT91タグの
スウェードブーツ エンジニアは滅多に出てこない激レアモデルとなります。

PT91タグは2種類あって『プリントタグ』と『刺繍タグ』です。

刺繍タグの方が古い物になり比例してプレ値で取り引きされている事が多いです。

スタンダードに履かれているのは黒色が多いですが、スウェードのエンジニアブーツも
人気はございます。

エンジニアブーツは色々なメーカーが発売しておりますがレッドウィングのエンジニアブーツは
日本ではダントツだと思われます。

レッドウィングのスウェード エンジニアブーツを是非、一度装着してください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
レッドウィングの買取はこちらから。

レッドムーン マッドッグ1のイチオシ古着査定結果

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はレッドムーン マッドッグⅠです。

2009.11.01.400.jpg

レッドムーンのマッドドッグは最近復刻品が発売される程人気がございます。

元祖マッドドッグと復刻品との見分け方は生産国です。

復刻品は『中国製』となっております。

ネットオークション等では初代マッドドッグの方が高値で取り引きされております。

素材に牛革のソフトレザーを使用することで快適な着心地と
見た目のハード感が最大の魅力となっております。

数年前に発売され大ヒットとなったレザージャケットです。

その人気は、どれくらいのものかと言いますと
翌年には生産が間に合わなくなり急遽、販売休止となりました。

それ以降、復刻の声が最も多いアイテムでありながらも発売されておりませんでした。

復刻品はリーズナブルな価格で提供できるよう
コストパフォーマンスを下げ中国で生産されたらしいです。

また、見た目のスタイリッシュさだけではなく
機能的な側面があるのもマッドドッグの人気の1つでしょう。

今回、画像の商品はレッドムーン(RED MOON)の初代マッドドッグ1になります。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
レッドムーンの買取はこちらから。

レインボーカントリーのシングルライダース 古着査定結果

こんにちは!アメ吉の木下です。
本日の買取アイテムの紹介は
『レインボーカントリーのシングルライダースジャケット』です。
2009.10.01.400.jpg

レインボーカントリーの革ブランドとしてラインナップされているのが
『カリフォルニアレザース』です。
襟付きシングルライダースは定番的なモデルです。

使用される馬革はアニリンフィニッシュで仕上げられ
革質はしっとりと柔らかくライダースジャケット特有の
硬さは一切感じられません。

わかりやすく言えば、エアロレザーのホースハイドモデルの
真逆と思ってください(笑)

丹念に仕上られた日本製馬革ならではの上質な仕上がりで着心地は抜群です。
1.4mm程度の革厚を確保していますが、ハードな重量感は全く感じられません。
普段着としても充分に機能できると思います。

例えばアメリカ製MCブランドの牛革の多くは1.5ミリ前後です。
ここまでの革の厚さでは完全にバイクユースが前提とされ
普段着としてはかなりキツくなります。

30年代モデルは普段着としても充分にスタイリッシュな
要素を存分に持ち合わせており、この厚さは適度なものだとかんじました。

ボールチェーンやフロントの30年代タイプジッパー
サイドアジャスターのD環など、ディテールの深さに凄みを感じます。

レインボーカントリーというブランドは
日本で有数の革製品を生産するメーカーで
あらゆる革製ジャケットを形にできる経験豊富な自社パターンナーをかかえ
長年にわたり培った卓越した縫製技術は、国内外から高い信頼を得ております。
他にレザーダウンベストやA-2等のレザーを使用したジャケットには
かなりの定評がございます。

ブランドを率いる三好氏は、元リアルマッコイズの精鋭。
だからこそ、我々が出来上がる製品に安心と信頼を覚えるのはあたりまえの事だと思います。

自社工場だから修理体制も整っておりユーザーとしては心強いものだと思います。

縫製レベルももの凄く高くレインボーカントリーの『ウリ』だと思います。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
レインボーカントリーの買取はこちらから。

旧リアルマッコイズ A-2 DRAGON LADY 古着査定結果

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介は旧リアルマッコイズのA-2 カスタム DRAGON LADY(ドラゴンレディ)です。
1999年F/WのCBIコレクションの目玉だったDRAGON LADYです。
フロントにタロンジッパー使用。ジャケットの内側にブラッドチット付きです。
ラフウェア社の実名復刻ラベル使用。
コンディションは試着程度です。

600x598-2009102000064[1].jpg

 当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
リアルマッコイズの買取はこちらから。

 

リアルマッコイズのA-2 カスタム THE GOD OF DEATH

こんにちは!アメ吉の木下です。

今日の買取アイテムの紹介はリアルマッコイズのA-2 カスタム THE GOD OF DEATHです。
こちらの商品は旧リアルマッコイズでは、ウェーバー社のA-2で復刻されましたが新生リアルマッコイズではリアルマッコイズネームで発売されました。
カラーはシールブラウンでフロントにタロンジッパー使用をしホイッスルも付いております。
非常に光沢のある革質で非常に出来が良いです。
このようなA-2にめぐり合えた事を幸運に思います。

20090819.jpg
 

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。

買取の詳細はこちらをご確認ください。

リアルマッコイズの買取はこちらから。

今日のアイテム紹介:ウエスコのジョブマスター WESCO

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はウエスコのジョブマスターです。

S216-1.jpg

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
ウエスコの買取はこちらから。

今日のアイテム紹介:NIKE ナイキのスニーカー エアフォース1です

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はナイキのエアフォース1 プレミアム ブラジルです。

S215-1.jpg

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
スニーカーの買取はこちらから。

今日のアイテム紹介はリアルマッコイズ×LEE 101Z ジーンズです

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はリアルマッコイズ×Leeの101Zです。

S212-3-1.jpg

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
リアルマッコイズの買取はこちらから。

今日のアイテム紹介:レッドウィングのエンジニアブーツ 8272です

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はレッドウィングの8272の初期モデル1000足限定の激レアアイテムです。
カラーはレッドブラウンです。PT91タグです。

S177-1.jpg

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
レッドウィングの買取はこちらから。

本日のアイテム紹介 レッドムーン ロングウォレット RDC-02 ロードチーフ

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はレッドムーンのロングウォレット RDC-02『ロードチーフ』です。

S164-1.jpg

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
レッドムーンの買取はこちらから。

今日のアイテム紹介:トイズマッコイのTシャツです

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はトイズマッコイの半袖Tシャツです。
映画『大脱走』の正式ライセンス商品です。

S157-1.jpg

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
トイズマッコイの買取はこちらから。

今日のアイテム紹介:リアルマッコイズ BUCO エンジニアブーツ ブコ

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はリアルマッコイズのブコ エンジニアブーツです。
価格改正前の2002年初回生産版の大変貴重なアイテムです。

S133-1.jpg

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
リアルマッコイズの買取はこちらから。

今日のアイテム紹介:トイズマッコイのヘルメットです

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はトイズマッコイのヘルメット『レコードブレーカー』です。

S130-1.jpg

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
トイズマッコイの買取はこちらから。

今日のアイテム紹介:トイズマッコイのウォレット BECK 80個限定

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はトイズマッコイのウォレット BECKです。
80個限定品の為、激レア品です。

S163-1.jpg

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
トイズマッコイの買取はこちらから。

今日のアイテム紹介:エヴィスのジーンズ EVIS

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はエヴィス2101 カウボーイです。
ウエストには初期ハウスタグが付いたレアな仕様です。

S140-1.jpg

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
エヴィスの買取はこちらから。

今日のアイテム紹介:フラットヘッドのジーンズです 3005XX

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はフラットヘッド 3005XXです。

a7994.jpg

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
フラットヘッドの買取はこちらから。

今日のアイテム紹介:ナイキのスニーカー ダンク HI

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はナイキのダンク HI 99年製です。

a8550.jpg

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
ナイキ等スニーカーの買取はこちらから。

今日のアイテム紹介:シュガーケーン 501ZXX革パッチモデル

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はシュガーケーンの501ZXX革パッチモデル MADE IN USAです。

a9679.jpg

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
シュガーケーンの買取はこちらから。

今日のアイテム紹介:テーラー東洋のスカジャンです

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はテーラー東洋のスカジャンです。

a8774.jpg

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
テーラー東洋の買取はこちらから。

今日のアイテム紹介:Lee 101Z サイド黄タグ ヴィンテージ デッドストック

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はLee 101Z サイド黄タグ ヴィンテージのデッドストックです。
1970年代物です。右バックポケット内にユニオンチケット付きです。
フロントはジッパーフライでタロンジッパー使用です。

N1955.jpg

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
ヴィンテージの買取はこちらから。

今日のアイテム紹介:エアロレザー ハイウェイマン

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はエアロレザーのハイウェイマンです。

a5020.jpg

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
エアロレザーの買取はこちらから。

今日のアイテム紹介:エヴィス 山ちゃんヂーンズ エビス

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はエヴィスの山ちゃんヂーンズです。

 a8307.jpg

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
エビスの買取はこちらから。

今日のアイテム紹介:トイズマッコイのキャップ 所ジョージ 世田谷ベース

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はトイズマッコイの所ジョージ氏プロデュース、デザインによるメッシュキャップです。

K960-1.jpg

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
トイズマッコイの買取はこちらから。

今日のアイテム紹介:レッドウィング 8158 100周年記念 RED WING

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はレッドウィングのブーツです。
レッドウィング 8158 2005足限定 100周年記念モデルです。

S119.jpg

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
レッドウィングの買取はこちらから。

今日のアイテム紹介:リアルマッコイズ L-2B テストサンプル

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はリアルマッコイズのL-2B テストサンプル カスタムです。

 a7558-1.jpg

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
リアルマッコイズの買取はこちらから。

今日のアイテム紹介:リアルマッコイズ コルト M1911A1 限定生産

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介は旧リアルマッコイズのコルト M1911A1 限定生産500挺です。

S125.jpg

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
リアルマッコイズの買取はこちらから。

今日のアイテム紹介:ナイキのスニーカー エアベイキン

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はナイキのエアベイキンです。
AIRのロゴが『アラーに似ている』とイスラム教団体からクレームがあり、
急遽販売を中止してNIKEが回収したという幻の超激レアモデルです。

N7038-1.jpg

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
ナイキの買取はこちらから。

今日のアイテム紹介:ショット Wライダース 革ジャン

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はショットの革ジャン(Wライダースジャケット)です。

a3988-1.jpg

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
ショットの買取はこちらから。

今日のアイテム紹介:フラットヘッド ラインマンブーツ

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はフラットヘッドのラインマンブーツです。

S104.jpg

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
フラットヘッドの買取はこちらから。

今日のアイテム紹介:エヴィスのジーンズ レイバージーンズ EVIS

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はエヴィスのレイバージーンズQ701です。

a8304-3.jpg

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
エヴィスの買取はこちらから。

今日のアイテム紹介:トイズマッコイ BABY BUCOヘルメット 渋谷ベース ブコ

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はトイズマッコイのBABY BUCOヘルメット(渋谷ベース)です。

S120-1.jpg

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
トイズマッコイの買取はこちらから。

今日のアイテム紹介:エアロレザー ハーフベルテッド ホースハイド

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はエアロレザーのハーフベルテッドです。

a7109-1.jpg

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
エアロレザーの買取はこちらから。

今日のアイテム紹介:クロムハーツのレザージャケットです

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はクロムハーツのレザージャケットです。

N3821-1.jpg

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
クロムハーツの買取はこちらから。

今日のアイテム紹介:バズリクソンズの熊ジャン グリズリー

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はバズリクソンズの熊ジャンです。

a3704-1.jpg

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
バズリクソンズの買取はこちらから。

今日のアイテム紹介:パタゴニア ダウンジャケット ダスパーカ

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はパタゴニアのダスパーカです。

a7833-1.jpg


当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
パタゴニアの買取はこちらから。

今日のアイテム紹介:ポーターのバッグです

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はポーター×ダナーのコラボトートバッグです。

 anc99.jpg

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
ポーターの買取はこちらから。

今日のアイテム紹介:ナイキのスニーカー エアジョーダン5 レトロ

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はナイキのエアジョーダン5 レトロ です。
カラーはホワイト×グレー×ブルーです。

s55.jpg


当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
ナイキの他にも、ニューバランス、コンバース、アディダス等
スニーカーの買取はこちらから。

今日のアイテム紹介:トイズマッコイ アビエータキットバッグ ヒルツ

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はトイズマッコイのアビエータキットバッグ ヒルツモデルです。

カラーはオリーブです。ダブルジッパー仕様です。
大戦型タロンジッパー使用です。バッグ内側ポケットは5箇所あります。 

a8059.jpg


当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
トイズマッコイの買取はこちらから。

今日のアイテム紹介:レッドウィング 9011 ベックマンラウンドブーツ

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はレッドウィングのブーツです。

レッドウィング 9011 ベックマンラウンドブーツです。
カラーはブラックチェリーです。MADE IN USAです。

S26.jpg

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
レッドウィングの買取はこちらから。

今日のアイテム紹介:モンクレールのK2です

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はモンクレールのK2です。

a6714-1.jpg

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
モンクレールの買取はこちらから。

アイテム紹介:リアルマッコイズ×ハーベストレーベル ショルダーバッグ

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介は旧リアルマッコイズ×ハーベストレーベルのショルダーバッグです。

AUC40-1.jpg

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
リアルマッコイズの買取はこちらから。

今日のアイテム紹介:ニューバランス M576

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はニューバランスのM576です。

a5298-1.jpg

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
ニューバランスの買取はこちらから。

スニーカーのまとめ売りキャンペーンも実施中ですので、この機会にどうぞ!

今日のアイテム紹介:バズリクソンズ G-1 カスタム

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はバズリクソンズのG-1です。 a7823-1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
バズリクソンズの買取はこちらから。

今日のアイテム紹介:フラットヘッドのスカジャンです

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はフラットヘッドのスカジャンです。

y117-1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
フラットヘッドの買取はこちらから。

今日のアイテム紹介:レッドムーンのバッグ RED MOON

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はレッドムーンのバッグです。

N2593-1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
レッドムーンの買取はこちらから。

今日のアイテム紹介:エヴィス スカジャン EVIS

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はエヴィスのスカジャンです。

N7813-1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
エヴィスの買取はこちらから。

今日のアイテム紹介:ブートレガーズのジャケット

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はブートレガーズのジャケットです。

y339-1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
ブートレガーズの買取はこちらから。

今日のアイテム紹介:トイズマッコイ カスタム MA-1

 こんにちは!アメ吉の木下です。

今日の買取アイテムの紹介はトイズマッコイのカスタムMA-1です。

a7920-1.jpg
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。

他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。

買取の詳細はこちらをご確認ください。

トイズマッコイズの買取はこちらから。