レッドウィング 8166 赤茶 プレーントゥ 犬タグ 古着査定結果のご案内 2009年11月10日 | アメ吉の最新買取実績をご紹介いたします。

更新情報ブログ

レッドウィング 8166 赤茶 プレーントゥ 犬タグ 古着査定結果 2009年11月10日

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はレッドウィング 8166 赤茶 プレーントゥです。

2009.11.10.400.jpg

レッドウィングの中でも定番的モデルとして現在でも人気を呼んでいる8166モデル。

8166はレッドウィングの顔的素材と知られているオロ・ラセットと呼ばれている
赤茶のレザーを使用しております。

また、グッドイヤー・ウェルト製法なのでステッチが外観に露出しております。

つま先にまったく飾りがなくシンプルなデザイン且つ
1枚革で仕立てられている為、プレーントゥは本当に綺麗なワークブーツです。


ここで少しグッドイヤーウェルト製法についてお話しさせて頂きます。

もっとも複雑で重厚なコンストラクション(ブーツ作りの製法のこと)。
1870年代にチャールズ・グッドイヤーが考案したものです。

アッパーと中底(ミッドソール)を合わせ、ウェルトと呼ばれる細い革帯とともに縫い合わせるのが特徴です。
さらにこの中底にアウトソールが縫い付けられております。

頑丈で安定感がございますが手間暇がかかる為、高級靴にしか採用されておりません。

コバと呼ばれる張り出し部分にステッチが露出しているのが外観上の特徴です。

また、通称:グッドイヤーウェルト製法とも呼ばれています。

もちろん レッドウィング プレーントゥ 8166 赤茶 もこの製法で作成されております。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
レッドウィングの買取はこちらから。