レッドウィング(RED WING) 8165 黒 プレーントゥ 古着査定結果のご案内 2009年11月12日 | アメ吉の最新買取実績をご紹介いたします。

更新情報ブログ

レッドウィング(RED WING) 8165 黒 プレーントゥ 古着査定結果 2009年11月12日

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介はレッドウィング 8165 黒 プレーントゥです。

2009.11.12.400.jpg

1905年創業のRED WING(レッドウィング)。

約1世紀に渡りブーツを作りつづけてきた、日本で1番有名なブーツメーカーと言っても過言ではないでしょう。

1998年にレッドウィング社がアイリッシュ セッターをハンティングブランドとして
レッドウィングから独立させたことにより、このモデルはレッドウィングブランドの1モデルとなりました。

8165はブラッククロームレザーという程よく光沢感のあるレザーを使用し
シューレースの上部3つはホールではなくハト目フックになっているのが非常に特徴的です。

レッドウィングに関しての説明はあまり必要ないと思いますが
長い間支持され続けているだけのことはあり、機能美というカッコよさは勿論
ブーツとしてのシルエット、質感は、流行が時代とともに変化しても
どんなスタイルにも合う不思議な魅力があるブーツです。

また、新品の時のカッコよさと、履きこんでいい風合いになってからのカッコよさの両方存在し
ミンクオイルなど塗りこんで、自分の足になじませていく楽しさも味わえます。

さらにメンテナンスさえ厳格に行いソール交換をすれば一生物となってくれるでしょう。

この8165はキムタクが履いた事で一気にブレイクしました。
赤味レザーの8166をベースに1995年に登場した日米共同企画モデルREDWING(レッドウィング)8165。

オールドプレーントゥモデルである「776」も同様、シューレースホールの上部3つがフックになっております。

また1985年から僅かの期間のみに作られたチョコレートブラウンの
コレクティッドグレインレザーを使用したモデル8165の品番をそのまま受け継いでいるという変わった歴史がございます。

スタイリッシュさで言えば8165はレッドウィングのブーツの中でも白眉クラスでしょう。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
レッドウィングの買取はこちらから。