バズリクソンズ B-2 のイチオシ古着査定結果のご案内 2009年12月14日 | アメ吉の最新買取実績をご紹介いたします。

更新情報ブログ

バズリクソンズ B-2 のイチオシ古着査定結果 2009年12月14日

飛行士達を寒さから守る為のフライトジャケットとして
極寒地用に開発されたBシリーズ・・・。

B-2は1931年12月15日に採用されました。

B-2が採用される以前はつなぎ(カバーオール)が主流だったため
サイズで問題を生じることが多く、B-2の開発にあたりジャケットと
トラウザ-スとに分けて構成するスタイルとなりました。

2009.12.14.400.jpg

裏側は防寒性を高めるためのウール・モケットが張られており
非常に柔らかな着心地です。

大きな衿ボアはシープムートン(羊毛皮)製で
袖口部分はリブ仕様ではなくジッパー仕様になっております。

ジッパーは1930年代TALON社の前身会社である
HOOKLESS社製ニッケルジッパーを使用し
ラベルはバズリクソンズ・オリジナルラベル
ラベル上に付くハンガーループはチェーン製で
ウエストにベルトが付くのもこのモデルならではのディテールです。

その後、B-2は改良されタイプB-3へと引き継がれていきます。

フライトジャケットの中でもB-3は有名ですが
B-2はなかなかマニアックなアイテムで
ヴィンテージ市場では滅多に出てきません。

妥当な言い方かわかりませんがA-1とA-2のような感じと思います。

現在の所、私の知る限りでは東洋エンタープライズ(バズリクソンズ)しか
復刻しておりませんがリアルマッコイズやFEWあたりが復刻したのを見てみないです。

きっと、超オーバースペックな出来になり
高級感が漂うでしょう(笑) トイズマッコイだと特に・・・。

普段レプリカしか着用していない方はヴィンテージを見たらきっと驚くでしょう(笑)
レプリカほどの光沢はないですよ。

ヴィンテージにはヴィンテージの良さがあり
レプリカにはレプリカの良さがございます。

レプリカのフライトジャケットの代表格であるバズリクソンズが作った
B-2はかなりの人気ですぐに完売してしまうらしいです。
定番で販売されていないのも、品薄になる原因と思いますが。

バズリクソンズのB-2を見かけたかたは是非一度試着してみましょう。
きっと素晴らしさが伝わると思います。

 当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
バズリクソンズの買取はこちらから。