エヴィス(EVIS)のスカジャン古着査定結果のご案内 2009年12月16日 | アメ吉の最新買取実績をご紹介いたします。

更新情報ブログ

エヴィス(EVIS)のスカジャン古着査定結果 2009年12月16日

アメ吉の木下です。
今日、紹介する買取商品は
YAMANE(エヴィス)×ドライボーンズ スカジャンです。
いわゆるWネーム物です。
しかもエビスとドライボーンズのダブルネーム物なのでかなりのレア商品です。

定価は税込み¥150,000位だと思います。
コンディションはUSED品でした。

2009.12.16.400.①.jpg

ドライボーンズはエヴィスやリアルマッコイズ等の高級レプリカメーカーに
属さないイメージがございますが
昔からスカジャンのクオリティはピカイチでした。

そのドライボーンズがボディを作り
デザインをエヴィスが手がけたのだと思います。
※あくまでも推測ですが・・・

刺繍も素晴らしく、値段もこれまた素晴らしい???です。

また、EVISらしく洒落っ気がありとても素晴らしい逸品です。

街中で着用していると目立つこと間違いなしです。

確か、色違いの黒を昔見たことがございますが
やはりエヴィスを着用するなら奇抜な色とセンスで着こなして欲しいです。

前オーナーさんもかなりのこだわりをもたれた方で
素晴らしい商品ばかり所有しておりましたが
月並みなものは1つもございませんでした(笑)。

また、エヴィスはフライトジャケットにも独自性がありものすごく面白いです。
エヴィスの素晴らしいところはA-2を作ろうが47モデル(リーバイスの復刻)を
作ろうが、EVISの個性が必ずでている所です。

最近のレプリカメーカーは似たようなモデルばかりですが
エヴィスだけは必ず個性が光っております(エビスの足跡のような・・・)。
また、そんなメーカーだから海外でもヒットしたのだと思います。

ヴィンテージ物を復刻させるだけのメーカーが多い中
遊び心を必ず忘れないのがマニアができる由縁だと思います。

また、価格が高価な為、中高生からは憧れの存在として崇拝されている
という噂もよく耳にします。

エヴィスのNO,1デニムは
ジーンズ(デニム)界のロールスロイスとも謳われております。
価格もNO,2デニムと比べ高額な為、3万円そこそこします。

また、最近ではYAMANEシリーズでおなじみの
『ワークブーツ』が人気向上中です。
何度か目にした事がございますが、かなりのクオリティで驚きました。

このスカジャンを着こなせる方はきっとハイセンスな方だと思います。
最近は私どもの住む南大阪にもEVISの専門店ができました。

エビスは海外でも日本でも人気があり、とても素晴らしいメーカーと思います。

以上、本日の一番商品 エヴィスのスカジャンでした。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
エヴィスの買取はこちらから。