ルイスレザー ライトニングのイチオシ査定結果のご案内 2009年12月20日 | アメ吉の最新買取実績をご紹介いたします。

更新情報ブログ

ルイスレザー ライトニングのイチオシ査定結果 2009年12月20日

主任鑑定士の木下です。
本日はルイスレザーのライトニングが入荷致しました。

カラーはブラックで、フロントにライトニングジッパー
両袖にLジッパーが使用されております。
ライニングにはサテン地が使用されコンディションは数回着用程度でした。

2009.12.20.400.jpg

ここでルイスレザーの歴史について少しお話しさせて頂きます。

ルイスレザーズのジャケットにはベストグレードのカウハイドが使用されており

他社メーカーは生産効率を高める為、レザー自体が持つ味(キズ等)を
隠し加工するとうい事が常套手段ですが
ルイスレザーズはこの味を大事にし、あえて隠さないよう工場へ指示しております。

従って、外見は似ていても同じ革ジャンは2つとして存在いたしません。

マニアックなオーナーの方はその味をご理解した上、楽しんでいると思います。

また、レザーの繊維に防水加工が施されているため
モーターサイクルギアとしての性能も十分に備えたレザージャケットです。
しかし、完全防水ではございませんのでご注意下さい。

ライニング(LINING)は2つ存在し
キルティングが施されたレッドコットンか
ニットナイロンです。
※オーダーの際はどのジャケットにでもレッドコットンかニットナイロンを選べます。

ルイスレザーズの象徴的なディティールの一つであり
ブラックレザーとのコントラストを演出するレッドライニングは
1950年代よりジェットに用いられるようになりました。

現在のレッドキルティングは生地、ステッチカラーのリサーチをもとに
オリジナルに近い雰囲気、強度を持つ深みのあるコットンだと思います。

やがて、1970年代になると時代にニーズにあわせ
着用時の厚みを抑え、スタイリッシュに着用できるようにと
それまでレーシングスーツなどに使用されていたニットナイロンも
レザージャケットに採用されるようになりました。
また、上記の生地はスリーブライニングとしても長く使用されておりました。

現行の物は、当時と全く同じ生地で、より厚手のものを、耐久性、美しさよりチョイスしています。

INSIDE LABELS:
AVIAKITレーベルの歴史はかなり古く、現在より80年近く遡ります。

この造語の語源は
『AVIATION(飛行)』 と 『KIT(装備)』
2つの単語の組み合わせによって生まれ、当時のタグなどに使用されました。

現在までのデザインのAVIAKITレーベルには年代により数種類のパターンが存在し
60年代にはブラックAVIAKIT & レッドWING
70年代前半よりブルーAVIAKIT & レッドWING
70年代後半よりネイビーAVIAKIT & レッドWINGとなっていました。
90年代前半にAVIATKIレーベルが復刻された際は
白地にネイビーAVIAKIT & レッドWING

そして2007年前半まではブルーAVIAKIT & レッドWINGが使用されておりました。

その後、全てのジャケットパターンの見直しが行われた事を記念し
60年代当時のカラーバリエーション、ブラックAVIAKIT & レッドWING
復刻され発売されました。

OUTSIDE LABELS:
ルイスレザーズのレザージャケットを瞬時に判別できる
左胸に着くウィングパッチの登場は1960年代でした。

長方形のウィングパッチが60年代中頃よりレーシングスーツのチェストに
縫い込まれるようになり、1966年頃より革ジャンにも
そのウィングパッチが使用されるようになりました。

その後、ルイスレザーのスタンダードとなったこのディティールは
1970年代前半(73年頃)より長年親しまれている
現在のオーバルシェイプに辿り着きました。

ほとんど全種類のジャケットにオーバルパッチが付きますが
復刻の際に使用したヴィンテージジャケットに長方形のパッチが使用されていた名残で
現在ではスーパーモンザ、スーパーファントム、スポーツマンに
長方形のパッチが標準で使用されております。

オーダーの際はどのモデルにもオーバル、長方形のパッチをお選びいただけ
もしくはパッチ無しでもオーダー可能です。

パンクロックが世に席巻した時代、着用者は自分がブランドの広告塔になってしまうのを嫌い
パッチやタグが意図的に外された事もあったという事を噂で聞きました。

本日、ルイスレザーのライトニングを買取しましたが
画像のとおりシンプルで着用しやすので万人から愛されております。

もちろん、ライトニングは現在定番アイテムとして
大ヒットし、もはやルイスレザーの顔とも言えるでしょう。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
ルイスレザーの買取はこちらから。