バズリクソンズ・B-10・フライングタイガーの古着査定結果のご案内 2009年12月28日 | アメ吉の最新買取実績をご紹介いたします。

更新情報ブログ

バズリクソンズ・B-10・フライングタイガーの古着査定結果 2009年12月28日

こんにちは!アメ吉の木下です。
今日の買取アイテムの紹介は
BUZZ RICKSON'S(バズリクソンズ) ☆ B-10 フライングタイガース☆ BR10803です。

2009.12.28.400.jpg

フライトジャケットのマニアの間で人気抜群のフライングタイガース。

B-10「23rd Fighter Group 14th Air Force」【如虎添翼】
ROUGH WEAR CLOTHING CO.

左胸に革製第23戦闘空群章
左肩に革製CBI戦区章
右肩には革製第14空軍章が取り付けられています。

フライングタイガースはTwenty Third Fighter Group など
背中や胸に描かれた文字はハンドペイント仕上げになっております。

B-10は革製フライトジャケットの代替えとして
1943年7月22日に米陸軍航空隊が正式採用した布製フライトジャケットです。

第2次大戦中、急激な皮革不足に悩まされた米軍は大量生産が可能なコットンツイルを
使用したフライトジャケットを開発しました。
そこで誕生したのがB-10(フライングタイガース)です。

ライニングにはアルパカモヘアウールパイルを使用しており
シープスキンに比べてかさばらず、軽量で保温能力が高いという利点がございました。

1941年12月に開設されたCBI戦域とは
チャイナ、ビルマ(現ミャンマー)、インドの頭文字を取ったもので
日本と戦う中国を援助し戦争からの脱落を防ぐことを目的としておりました。

中国に対するアメリカの援助は参戦前から行われ「フライングタイガース」と呼ばれた
アメリカ義勇軍(AMERICAN VOLUNTEER GROUP)が存在しておりました。

アメリカの参戦が決定すると直ちに第14空軍が編成されA.Ⅴ.Gは同空軍に吸収されました。

第23戦闘航空群はAVGの精神を受け継いだ直系のグループです。

また、デザインもB-10(フライングタイガー)は非常に良く
タウンユースとしても活躍して頂けます。

バズリクソンズのコットン系の代表はB-10(フライングタイガース)か
タクシードライバー(ロバートデニーロモデル)でしょう。

また、フライングタイガースの魅力は愛くるしいキャラクターにあるのかもしれません。

現在、フライングタイガースはバズリクソンズの顔ともいえる存在になっております。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

当店、古着買取のアメ吉では古着買取を行っています。
他店より高額高価で買取実施中です。ぜひ一度ご利用ください。
買取の詳細はこちらをご確認ください。
バズリクソンズの買取はこちらから。